免疫に関連する複雑な疾患の理解を深める

免疫研究

イルミナのテクノロジーは免疫細胞機能とシグナリングの解明を支え、免疫研究を前進させます。免疫細胞はウィルス、微生物、そして寄生生物などの異物の侵入から身体を守る働きをします。変異および環境要因が免疫システムの機能不良の原因となり、守るべき身体を攻撃します。多くの免疫疾患は遺伝および環境からの影響を持つため、複雑な疾患として区分されています。

複雑な自己免疫疾患には紅斑性狼瘡、リウマチ性関節炎、炎症性大腸炎などが含まれます。これらの疾患の多くでは、その原因と進行についてまだ十分な理解が得られていません。イルミナのアレイと次世代シーケンサー(NGS)テクノロジーにより、遺伝的原因の可能性、および変異がもたらす機能影響の詳細な洞察が得られます。

TruSight HLA: Sequence 11 HLA loci for high-resolution, phase-resolved haplotyping in one assay.

Infinium ImmunoArray-24 v2 BeadChip Kit: 1つのアレイで自己免疫疾患と免疫機能に関連する遺伝多型の評価を実施できます。

免疫研究レビュー

研究者たちがどのようにNGSを使って高解像度にヒト免疫反応のマップを行っているか、論文サマリーをご覧ください。

レビューを読む
電子メールにて複雑な疾患ゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。
Image
自己免疫のメカニズム

研究者たちがどのようにNGSを使ってT細胞受容体の多様性と自己免疫疾患を研究し、その他疾患のメカニズムを解明したかをご覧ください。

インタビューを読む
Image
がんと免疫系の研究レビュー

NGSを使ったがん研究における免疫系に関連する論文レビューをご覧ください。

レビューを読む
HLA Genetics in Autoimmune Disease
自己免疫疾患のHLA遺伝学

NGSおよび高スループットのジェノタイピングを行ってゲノムを調べることにより、免疫介在性疾患のリスクとなる新たな遺伝子座位が同定されました。

Read Interview
NGS to Survey Chromatin Landscape
NGSを利用したクロマチンのランドスケープ調査

新たなエピジェネティクス法によりオープンなクロマチン領域をマップして、複雑な疾患にみられる遺伝子制御を多次元に描出しています。

Read Interview