神経系の複雑な疾患の意味を解き明かす

神経科学研究

神経系の複雑な疾患にはアルツハイマー病やパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経筋疾患、そして抑鬱障害や統合失調症などの精神疾患があり、これらはすべて複数要因の相互作用の結果として起こります。

最近になってようやく次世代シーケンサー(NGS)の研究により神経系疾患のゲノムの複雑性についての全容が明らかになりました。遺伝性および非遺伝性の変異、エピジェネティクスおよびその他の要因間の相互作用の理解を深めるためにはNGSレベルでの解析が必要です。イルミナは神経科学ゲノム研究を可能にするアレイとNGSツールをご提供します。

TruSeq Targeted RNA Expression Neurodegeneration Panel: このアッセイはアルツハイマー病などにおける神経変性や神経毒性パスウェイの研究用にRNAシーケンスソリューションを提供します。

Infinium PsychArray BeadChip: このアレイは遺伝変異と一般的な精神疾患との関連を評価することができます。

統合失調症研究におけるNGS

研究者が、ターゲットRNAシーケンスを使って統合失調症に関連する遺伝発現変化をどのように研究したかをご覧ください。

レビューを読む
電子メールにて複雑な疾患ゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。
Neuroscience Research Review
神経科学研究レビュー

神経疾患を理解するためにNGSを使った最近の論文サマリーをご覧ください。

レビューを読む
Genetic Studies of Memory
記憶に関する遺伝研究

学習と記憶に影響する神経性の変化を理解するために研究者がどのようにNGSを使っているかをご覧ください。

インタビューを読む
From Genotype to Phenotype
遺伝子型から表現型まで

脳発達の細胞モデルにみられる遺伝子機能についての洞察をDr. Lachlan Jollyが解説しています。

ビデオを見る