犯罪捜査サンプルから引き出す情報を最大限に

犯罪ケースワークにおける法医学検査

イルミナの法医学DNA解析ソリューションは、犯罪捜査サンプルから情報を最大限に引き出します。犯罪捜査に関わるラボで、1 ng未満のサンプルから、現在使用されているすべての遺伝子座に加え、さらに数百もの遺伝子座を同時に解析できます。

法医学ラボでは1980年代から、それまでは解決できなかった犯罪を解決する手掛かりとしてDNA検査が使われ始めました。法医学のDNA解析を使用して容疑者を除外できるため、これが必要不可欠な手段となりました。

世界各地に存在する法医学ゲノミクスのラボでは、解析が困難なDNAサンプルを複数回調べ、得られるデータをすべて引き出そうと試みる場合もあります。この場合の法医学DNA検査では、常染色体STR解析、mtDNAシーケンス、Y-STR、一塩基多型(SNP)などが使用されます。ラボでは、量に限りのあるサンプルや品質の低いサンプルを、さまざまな手法を用いて複数回解析しなければならないこともあります。DNA検査がうまく行われなければ、サンプルは不完全で結論の得られないデータとして扱われるだけです。

犯罪調査における法医学DNA検査

イルミナのMiSeq FGxシステムに採用されているSequence by Synthesis (SBS)テクノロジーは、1 ng未満のサンプルでこれらのすべての解析を実現します。犯罪調査に関わるラボでこのシーケンスシステムを使用すれば、使用されているすべての遺伝子座に加え、さらに数百もの遺伝子座を同時に解析できます。

 この法医学に関する次世代シーケンス(NGS)アプローチでは、MiSeq FGxの1回のランで、証拠サンプルまたは既知のリファレンスサンプルから情報を最大限に引き出します。

下のをクリックしてワークフローの各ステップで利用できる製品をご覧ください。

DNA抽出および定量

ラボで現在使用されているDNAの抽出法と定量法をご利用ください。イルミナは、これらのステップに対応する製品を提供しておりません。

ライブラリー調製

ForenSeq DNA Signature Prep Kit

電子メールにて法医学ゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。

法医学ゲノミクス向けNGS
概要:法医学ゲノミクスのためのNGS

NGSの概要と法医学ゲノミクス向けアプリケーションをご覧ください。

PDFにアクセス
バイオインフォマティクスで法医学ゲノミクスを合理化
バイオインフォマティクスで法医学ゲノミクスを合理化

イルミナの法医学ゲノミクスワークフローが法医学アプリケーションにもたらす変革についてご覧ください。

PDFにアクセス
MiSeq FGxシステム
MiSeq FGxシステム

このシーケンスシステムは法医学DNAプロファイリングに対応するデザインです。

ビデオの視聴