臨床ゲノム研究の基礎

BaseSpace Cohort Analyzer





BaseSpace Cohort Analyzerは、複雑なゲノムデータを新たな方法で創薬および医薬品開発プロセスのあらゆる段階に活かすことができるプラットフォームです。薬事やバイオテクノロジー関係の機関では、データの解析と解釈をバイオマーカーの発見、トランスレーショナル研究、および臨床試験に取り入れることができます。

キュレーションされたデータにアクセス
 

  • 薬物応答データのある2,100を超える細胞系統と43,000を超えるヒト対象者サンプルの合計45,000を超えるサンプルが含まれる幅広い疾患指標を対象として、高度にキュレーションされた公開データセットおよびアクセス制限データセットの大規模なレポジトリを探索することができます。
  • 私有の患者情報をキュレーションされたコンテンツに統合して解析し、結果をより深く解釈することができます。

バイオマーカーの発見
 

  • 多様な分子データ、臨床情報、および細胞株モデルを網羅してバイオマーカーを発見し、バリデーションします。
  • in silico試験を実施して、コンパニオン診断としてのバイオマーカーの価値を評価します。
  • 細胞株から得られた統合ゲノムデータを使って薬物標的を評価します。
  • 専門スタッフがキュレーションした86,000以上の解釈済みバイオマーカーのナレッジベースにアクセスし、疾患関連性、分子分類、予後標的、予測標的、薬物標的、および治療情報を参照できます。

臨床試験

  • 各ヒト対象者と関連した包括的な臨床およびゲノム情報(時系列データなど)を統合し解析します。
  • 臨床試験のレトロスペクティブ分析を行って予測バイオマーカーの候補を特定します。
  • 臨床試験を強化するために、治療に最適な反応のある被験者に関して登録基準を策定できます。
  • 分子データの遡及評価に基づいて合剤投与試験をデザインします。

BaseSpace Cohort Analyzerの詳細はこちら:

お問い合わせ

Bio IT Best of Show
NextBio Clinical(現BaseSpace Cohort Analyzer)は、Bio-IT WorldにおいてPeople’s Choice Awardを受賞しました。 詳細について

その他のリソース

BaseSpace Cohort Analyzerは旧NextBio Clinicalの新名称です

BaseSpace Cohort Analyzer概説ビデオBaseSpace Cohort Analyzerにより、複雑なゲノムに関する知識を継続的にキュレーションされる世界最大のデータベースに保管できます。

ビデオの視聴

NextBio Clinicalが2015年Bio-IT WorldのBest of Show People's Choice Awardを受賞しました。

NextBio Clinicalで2015年Best of Show Awardを受賞したイルミナにBio-IT Worldがインタビューを行いました。

ビデオの視聴

BaseSpace Informaticsによるコホート解析BaseSpace Cohort Analyzerでは、継続的にキュレーションされるゲノム情報を蓄積した世界最大のデータベースを、HIPAA準拠のクラウドベースのセキュアな環境でご利用いただけます。

ビデオの視聴

VariantStudioソフトウェア ヒト全ゲノムシーケンス実験やエクソームシーケンス実験から疾患関連変異を同定して分類できます。詳細について

研究法の引用 PLOS ONEでピアレビュー後に発表されたNextBioによる論文「Ontology-Based Meta-Analysis of Global Collections of High-Throughput Public Data」をご覧ください。論文を読む

セキュリティーとHIPAA NextBio Clinicalは、独立第三者機関が行ったNextBioセキュリティー管理の監査に無事合格し、患者情報に関するHIPAA要件を満たしました。プレスリリースを読む

BaseSpace Cohort Analyzerのパンフレット臨床研究者のための臨床データおよびゲノム情報の解析と解釈。Read Flyer