イルミナのシーケンステクノロジーを調べる

最適化されたSBSケミストリーを用いた大規模な同時シーケンス

Sequencing by Synthesis(SBS)テクノロジー

イルミナのシーケンステクノロジーSequencing by Synthesis(SBS)は、世界中で広く使用されている次世代シーケンスシーケンス(NGS)テクノロジーであり、世界中のシーケンスデータのうちSBSが生成に使用されたものは90%を上回っています1。イルミナのシーケンサーおよび試薬は、慎重するDNA鎖に取り込まれる各塩基を検出するという独自の方法を用いた大規模な同時シーケンスをサポートします。

SBSテクノロジーの紹介

各dNTPが付加されるたびに蛍光標識された可逆的ターミネーターの画像が取得されます。その後このターミネーターは切断されるため、次の塩基が結合できるようになります。 各シーケンスサイクル中は可逆的ターミネーターに結合したdNTPが4種類すべて存在しているため、自然競合により取り込みバイアスが最小限に抑えられます。

その結果、真に1塩基ごとのシーケンスが得られ、広範なアプリケーションに使用できる精確なデータが得られます。 この手法により、繰り返し配列領域(ホモポリマー)に関連するエラーやコールミスが最小限に抑えられます。

Alt Name

イルミナのSequencing by Synthesisケミストリーは、シングルリードライブラリーにもペアエンドライブラリーにも対応しています。 SBSテクノロジーは、高解像度ゲノムシーケンスのためのインサートの短いペアエンド機能、そして効率的なシーケンスアセンブル、de novoシーケンス、構造変化の検出を始めとする数多くのアプリケーションに適したインサートの長いペアエンドリードを実現します。

短いインサートと長いリードを組み合わせることで、あらゆるゲノムを完全に明らかにする能力が高まります。

SBSの利点の詳細はこちらから

次世代シーケンステクノロジーのご紹介

次世代シーケンステクノロジーのご紹介では、ゲノム科学の進化、シーケンステクノロジーにおける主な進展、主要な方法、イルミナシーケンスケミストリーの基本などをご説明します。

PDFをダウンロード
シーケンス技術

全ゲノムからRNAシーケンスなどSBSが実現するさまざまな手法をご覧ください。 包括的なワークフローソリューションを見つけてください。

詳細はこちら
シーケンス技術

SBSテクノロジーの最新の進化形である2チャネルSBSが、どのようにしてこれまでのSBSテクノロジーと同じ高いデータ精度を保ちながら、さらに高速のシーケンスを実現したかをご覧ください。

2チャネルSBSについての詳細はこちら

ベンチトップシーケンス装置

NextSeqシリーズでは、ゲノム、エクソーム、トランスクリプトームなどの日常的なシーケンスを実施することができます。

システムを見る
MiniSeqシステム

シーケンサーシーケンサー関連製品

イルミナは、お客様が必要とする規模で卓越したデータのクオリティと精度を実現できる革新的なシーケンサーをご提供します。

すべてのNGSプラットフォームを見る

以下の分野でイルミナのシーケンステクノロジーがどのように利用されているかをご覧ください:

最適なシーケンサーシーケンサーを見つける

イルミナのインタラクティブな選択ツールを使ってお客様のニーズに合ったシーケンサーを見つけてください。

ツールを使う
電子メールにて最新のニュース、事例研究、アプリケーション情報をご提供します。ぜひご登録ください。
NextSeq500 v2 キット
シーケンス結果を向上

NextSeq500 v2 キットは、これまでのv1キットと比べて、データクオリティが向上し、シグナル/ノイズ比が改善され、ワークフローが簡略化されています。

キットを見る
整列化フローセル技術
最大限のスループット

整列化フローセルがどのようにしてシーケンスデータスループットを飛躍的に向上したかをご覧ください。

詳細はこちら
参考文献
  1. ファイル上で算出されたデータ。 Illumina, Inc. 2015.