遺伝子発現の制御における
メチル化の役割の解明

DNA Methylation Analysis

DNAメチル化は遺伝子発現の制御に重要な役割を果たしています。がん、肥満、および中毒など多くの疾患プロセスに、DNAメチル化の異常が関与しています。DNAメチル化は干ばつ、異常気温、およびその他の環境の変化への対応に関するアグリゲノム研究のテーマです。

次世代シーケンス(NGS)やマイクロアレイなどの高スループット技術は、DNAメチル化の意義を解明する新たな手法を可能にし、変異の機能的影響に新たな知見をもたらします。

がんにおけるエピジェネティクス変化
がんにおけるエピジェネティクス変化

ここではTP53におけるIndel、および1番と8番染色体の間で起こっている転座などのがんにおける変化を紹介しています。多くのがん細胞では、メチル化や転写因子の結合などにおけるエピジェネティクスの変化が起こります。
がんエピジェネティクス >>

複合性疾患のメチル化プロファイリング
複合性疾患のメチル化プロファイリング

ゲノムワイドなメチル化プロファイリングにより、複合疾患症例における機能的なメカニズムの理解につながります。シトシンメチル化異常は遺伝子発現に影響し、アルツハイマー病や喘息など多くの疾患経過に関与しています。
複雑な疾患ゲノム >>

電子メールにてゲノム解析研究手法における最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。

Field Guide to Methylation Methods
メチル化手法の現場ガイド

シトシンメチル化の影響およびシトシンの変化を検出するのに使用した主な方法の概要。

PDFにアクセス
全ゲノムシーケンスでは不十分な場合
全ゲノムシーケンスでは不十分な場合

全エクソーム、全ゲノム、および全エピゲノムシーケンスで、イルミナの技術を使用して、がんのサブタイプを検討できます。

ビデオの視聴
エピゲノムロードマップ
エピゲノムロードマップ

主にヒトの組織および細胞におけるエピゲノム全貌の特徴づけを説明した研究論文の数々です。

ロードマップを読む
Epigenome Blueprint
エピゲノムの設計図

健康および疾患のヒト細胞における遺伝子活性と抑制を理解するための100リファレンスエピゲノムを産出したコンソーシアムの努力です。

詳細はこちらから