Skip to content

遺伝子発現解析はこれまでマイクロアレイが使われてきました。しかし、次世代シーケンサー技術が急速に広がり、次第にシーケンサーを使った解析に手法が移行しています。第1回のセッションでは、これまでの手法と比べてRNAシーケンスはどう違うのかについて、東京大学の門田先生にお話いただきます。

Fill Out Form to Access Webinar

ご提供いただいた個人情報は、お客様へのサポート、サービス、および販売活動の目的にのみ使用させていただきます。

Date & Time
2011/09/08
Location
Japan
Asia
Affiliation
東京大学大学院 農学生命科学研究科
Presenter
門田 幸二 先生
Download PDF Download PDF ウェビナーを見る