直感的なデータ解析を行える装置内蔵のLocal Run Manager

MiniSeq Local Run Manager

MiniSeqシステムでは、タッチパネル操作で使いやすいインターフェースからアクセス可能なシステムソフトウェアなど、完全に統合されたシーケンスエコシステムを提供しています。 Local Run Managerは、ランの準備、稼働状況のモニタリング、シーケンスデータの解析、そして結果の表示を行う、装置に内蔵の統合ソリューションです。

ウェブブラウザーから容易にアクセスして、MiniSeq装置制御ソフトウェアに統合することができます。 シーケンスランが完了すると、シーケンスを行ったサンプルと解析用入力ファイルの記録を行います。

Local Run Managerは、データ解析を装置内で自動的に行います。 現在、オプションで提供される以下の解析ソフトウェアモジュールと併せてご利用いただけます:

TruSight Tumor 15解析モジュール

固形がんに関連する15遺伝子を対象としたTruSight Tumor 15 パネルを使って調製したサンプルを解析します。

TruSight Tumor 15モジュール
アンプリコン解析モジュール

TruSeqアンプリコンパネルでバリアント検出および効率化された解析が行えます。

アンプリコン解析モジュール
アンプリコンDS解析モジュール

TruSight Tumor 26およびデュアルプール(二本鎖)用TruSeqカスタムアンプリコンパネルで効率化された解析が行えます。

アンプリコンDS解析モジュール
DNA濃縮解析モジュール

リードを全ゲノムの参照配列にアライメントし、特定の対象領域でバリアント解析を行います。

DNA濃縮解析モジュール
Small RNA解析モジュール

リードをアライメントし、ヒットを出力します。 新規の前駆体の選択的な検出、および発現差の対解析を実行できます。

Small RNA解析モジュール
ターゲットRNA解析モジュール

TruSeqターゲットRNA発現キットを使って調製したRNAサンプルを解析します。 リードをアライメントし、発現量を相対的に比較します。

ターゲットRNA解析モジュール
リシーケンス解析モジュール

リードをアラインし、小規模ゲノムの全ゲノムシーケンスで得られたデータのバリアント解析を行います。

リシーケンス解析モジュール
GenerateFASTQ解析モジュール

デマルチプレックスされたFASTQファイルを生成し、下流の解析を行えるようにします。

GenerateFASTQ解析モジュール