Illumina
ジャパンアグリ iseq 100 グラント

少量の水から魚類の分布や環境が読める 環境DNA で生物システムを網羅的に解析

神戸大学大学院 人間発達環境学研究科の源利文先生は、世界でも早い時期に環境DNA 分析を用いる研究に着手し、学会設立や水を使う環境DNA 分析のマニュアル作成にも尽力されています。今後多方面での応用が期待される環境DNA分析の方法論やその意義について、源先生に伺います。

記事を読む

強力なレンズのように、生物多様性の変化を捉えるeDNAシーケンス

次世代シーケンス(NGS)による環境DNA(eDNA)メタバーコーディングは、生物多様性の研究や生態系の変化をモニタリングするために急速に広がった手法です。生物が環境中に残したDNAを利用するeDNA分析では、生態系を壊すことなく存在している生物種の手がかりを見つけることができます。eDNAの潜在的なアプリケーションには、港湾モニタリング、生物多様性調査、バラスト水試験、土壌試験などがあります。

ジャパンアグリ iseq 100 グラント

ゲノムの力で農業の課題に挑戦する研究を支援

ジャパンアグリ iSeq 100 グラント2018は、日本の農業研究に iSeq 100 システムを活用いただくための助成プログラムです。複数いただいたご応募の中から2018年の受賞者は環境DNA分析にとり組まれる研究者に決定しました。

詳細はこちら
イルミナゲノム解析漫画 - 【環境DNAってなんだ?】

eDNAについてMichael Bunce博士とSequencing the Seas (SoS)を通して学びましょう

水や土壌に含まれる環境DNAから生物種と存在量を推定

iSeq 100 シーケンスシステム

環境DNA 【イルミナiSchool プロフェッショナル】

海洋における真核生物のメタバーコーディング

環境DNA分析に基づく新しい生物調査法