アグリゲノム研究

PDFダウンロード

農学は食品、繊維、燃料などのために植物および動物を繁殖させる科学と実践であり、数千年もの間人類の生活を維持し、向上させてきました。環境変化、人口増加、食物需要の増加を考慮すると、農業の更なる最適化が根本的に重要になります。農業にゲノム情報を用いた革新を活用することにより、これらの問題に対処するためにさらに生産的で、持続可能な方法が可能になります。ゲノム選抜や、さらに最近では遺伝子編集の進歩により、望ましい農業経済形質(例、より高い生産価値、ストレス耐性、疾病耐性、持続可能性)を持つ作物や家畜の開発プロセスが加速しています。遺伝学、バイオインフォマティクス、およびバイオテクノロジーにおける革新によって、農業を進歩させるためのパワフルなツールが育種家に提供されています。ゲノム技術は、アグリゲノム研究分野での作物および家畜の育種と管理の改革を可能にしています。

 

目次

  • はじめに
  • ゲノムの理解
    • 遺伝的多様性と遺伝子多型
    • 農業と量的形質
  • 農業でのゲノム選抜の実施
    • リファレンスゲノムの構築
    • ジェノタイピング
    • 進行中のゲノム選抜
  • 選抜以外の利用:資源のモニタリングおよび管理のためのゲノミクスの利用
    • 漁業および水産養殖
    • 疾患プロファイリングおよび病原体サーベイランス
    • 食品安全性および信頼性
    • 農業における微生物メタゲノミクス
  • アグリゲノムの未来
    • 遺伝子編集
    • 先進の育種戦略
  • シーケンス方法
    • ゲノムアセンブリおよびエピジェネティクス
    • シーケンスによるジェノタイピング

形式:PDF