次世代シーケンサー(NGS)によって、個人のゲノムデータを大量に解析できるようになった結果、膨大なデータが集積され、新しい診断法や治療薬の開発、さらには個別化医療へとつながっています1, 2。近年注目を集めているがんゲノム医療は、多数のがん関連遺伝子に変異があるかどうかを調べ、一人一人にあった治療を実施しようとする取り組みです。

がんゲノム医療を実施されている先生方をお招きして、がんゲノム医療の現状と課題、今後のあるべき姿についてご講演いただくセミナーを10月18日(金)に開催します。がんゲノム医療における保険業界の現状と取り組みもご確認いただける機会となっておりますので、ぜひご登録の上、ご参加ください。

登録はこちら

次世代シーケンサーを使うことで、わずか1回の検査で、がん関連遺伝子を数百種類調べることができます。このことは、繰り返し検査を実施する場合に比べて、必要サンプル量を減らし、結果が得られるまでの時間を短縮することができます。また再度サンプルを得るための再バイオプシーが不要になり、患者の負担を減らします。

NGSではどのようにして同時に多数の遺伝子を解析しているのか?
漫画を読む
リキッドバイオプシー、がん免疫療法でゲノム解析がどのように活用されているのか?
漫画を読む
がんゲノム解析を今後導入しよう、とご検討中の方向けに、
セミナーも実施しています。

次世代シーケンサーをお使いになったことのない方でも、気兼ねなく参加できる、がんゲノム解析の導入を検討されている方向けの講習会です。

詳細はこちら
Kit Selector
参考文献

1.  Pasic MD, Samaan S, Yousef GM. Genomic medicine: new frontiers and new challenges. Clin Chem. 2013;59(1):158-167.

2.  Wheeler HE, Maitland ML, Dolan ME, et al. Cancer pharmacogenomics: strategies and challenges. Nat Rev Genet. 2013;14(1):23-34.