Rare Disease Day

世界希少・難治性疾患の日 協賛イベント

イルミナ株式会社は、Rare Disease Day (RDD) 世界希少・難治性疾患の日を協賛しています。2019年の世界希少・難治性疾患の日である2月28日に、一筆龍絵師である手島啓輔様をお招きして、龍の絵を描いていただく、というスペシャルイベントを実施します!

なぜ龍なのか?といいますと、イルミナでは、超高速でのNGSデータの二次解析を可能にするデータ解析ソリューションDRAGENをご提供しています。DRAGENを利用して、重篤な症状をもつ新生児に対する高速全ゲノムシーケンスを実施し、遺伝性疾患の治療に効果を発揮しているといった報告もあり、希少・難治性疾患分野へのさらなる貢献が期待されています。そこでDRAGEN for Rare Diseaseと銘打って、シンボルマークである龍を今回のRDD協賛イベントで描いていただくことになりました。

どなたでもご覧いただけますので、お近くの方は、ぜひお立ち寄りください!また、当日の様子は、後日弊社ウェブなどで報告予定です。


  • 日程 : 2019年2月28日(木)12:15 ~ 12:45
  • 会場 : 三田ベルジュビル ロビー
  • 住所 : 〒108-0014 東京都港区芝5-36-7




2019/02/28
三田ベルジュビル ロビー | Japan, Asia
Topic: Human Genetics & Genetic Disease

dragen for rare disease
第6話「希少疾患ってなんだ?」
第6話「希少疾患ってなんだ?」

希少疾患において、NGSがどのように活用されているのかを解説した、ゲノム漫画 第6話『希少疾患ってなんだ?』も公開しています。こちらもぜひご覧ください。

第6話を読む