ゲノム選抜により家畜の可能性を最大限に引き出す

ジェノタイピングは迅速で簡単に行うことができるので、農家はより多くの情報に基づいて育種決定するのに役立ちます。ジェノタイピングを用いたゲノム選抜の基本、農家が家畜についてどのような情報を受け取ることができ、収益性を高め、生産性を向上させ、より高品質な製品を生産するのに、ゲノム選抜がどのように役立つかを学びます 。

ゲノム選抜に有用なマイクロアレイ製品リスト付き資料(PDF)のダウンロードはこちら

10年間のゲノム選抜で、カナダの酪農家に
”目に見える利益”がもたらされました
10年間のゲノム選抜で、カナダの酪農家に”目に見える利益”がもたらされました

生産性の向上と未経産牛の選抜で、農場の効率と競争力を増加

詳細はこちら
ゲノミック評価に必要なSNP検査のご依頼は、家畜改良事業団へ
ゲノミック評価に必要なSNP検査のご依頼は、家畜改良事業団へ

家畜改良技術研究所は、畜産農家の生産性向上や消費者が嗜好する家畜生産物提供のため、家畜の品質向上技術開発をめざします。

詳細はこちら

関連ソリューション

 
論文集「アグリゲノム研究」

農学は食品、繊維、燃料などのために植物および動物を繁殖させる科学と実践であり、数千年もの間人類の生活を維持し、向上させてきました。

アグリゲノム論文集「農業におけるゲノム選抜」

ゲノム選抜は、ゲノム中に分布する多数のDNAマーカーを利用して育種価を推定し、有用な個体を選抜する育種方法です。

多様なアグリゲノム研究から育種へつなげるソリューション

イルミナでは、探索/発見から育種における展開/決定までをサポートするアグリゲノム解析製品を提供しています。

関連動画

 
ゲノム検査による乳牛群の改善

Canadian Dairy NetworkのゼネラルマネージャーであるBrian Van Doormaalが、ゲノム検査でどのように乳牛の価値をより明確に評価し、乳牛群を改善できるかについて語ります。5代目の酪農家であるBrian Andersonは、ウシのジェノタイピングにより、生産量を2倍にし、牛を長持ちさせるなど、将来提供される利益も含めた自身のジェノタイピングの経験を共有します。

ジェノタイピングによる、肉牛からの利益の増加

フランスEvolutionの食肉部門のマネージャーと4代目のブリーダーが雄牛の遺伝的価値をよりよく理解し、繁殖計画を改善し、利益を増やすのに、ゲノム選抜が役立つことを語ります。

ゲノム選抜による、乳牛からの利益の増加

フランスUmotestの育種プログラムマネージャーと、30年近くの経験を持つ酪農家が、より良い育種計画を作成し、機能特性を管理し、より高品質の製品を生産するのにゲノム選択がどのように役立つかについて語ります。