世界中でアグリゲノミクスを促進

世界中の研究者は、多様な種のゲノムから学べることについて解明しようとしています。そこから得られた見通しは、新しい発見、生命と進化の理解、希少種や絶滅危惧種の保護のための新しいアプローチ、そして農業や医療分野の研究者に、新たなリソースを提供します。第一線で活躍する世界中の研究者がゲノミクスによって研究を加速させ、より多くのことを発見している様子をビデオでご覧ください。

 
沖縄の多種多様な生物種のシーケンスと研究を促進

陸上と海洋の多種多様な種の識別、解析、記載は、沖縄にある沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者たちの目標の1つです。OISTのDNAシーケンシングセクション(SQC)はハイスループットのNovaSeq 6000システムを用いて脊索動物やその他の海洋生物の進化ゲノム学の研究のためにシーケンスを行っています。環境保全、産業の促進にも貢献するゲノミクスの活用をご覧ください。

視聴する

 
NovaSeqと10XとNRGeneを組み合わせて、複雑なゲノムに挑む
NovaSeqと10XとNRGeneを組み合わせて、複雑なゲノムに挑む

コスト効率的に大量データを生み出すNovaSeqの250 x 2リード、10X Chromiumの疑似ロングリード、複雑なゲノムも高精度にアセンブルするNRGeneの高度なインフォマティクスを駆使し、コムギゲノムのアセンブルを完成させる過程を説明するウェビナーをご覧ください。(言語は英語です)

ウェビナーを見る
NovaSeqを用いた受託解析ご依頼は、
イルミナ認定ラボ - タカラバイオ株式会社へ
イルミナ認定ラボ - タカラバイオ株式会社

タカラバイオ株式会社は、イルミナPropel認証プログラムに登録されたイルミナ次世代シーケンス(NGS)システムに精通した、遺伝子研究やゲノム研究支援の実績豊富なラボです。NovaSeq 6000 システムを用いた受託解析も実施しています。

詳細はこちら

関連資料

NovaSeq 6000 システム

NovaSeq 6000 システムは実績あるイルミナの技術を活用し、さらなる技術革新を果たしました。 拡張性の高いスケーラブルなスループットと、すべてのゲノム、シーケンス手法、サンプル規模に対応するフレキシビリティーを手にすることができます。

農業におけるゲノムのパワー

農業におけるゲノム解析、あるいはアグリゲノムと呼ばれる分野は、持続的な生産性を促進し、全世界の人口に対する食料問題にソリューションを提供します。最新のテクノロジーを利用すれば、農業および育種の研究において理想とする形質に関連した遺伝子マーカーを容易に特定でき、農業や育種の決定に必要な情報が得られます。