Illumina

オンデマンドウェビナーで、NextSeq 2000について詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

詳細はこちら
使いやすさ

内蔵インフォマティクスソフトウェアを組み込んだ新しいデザインがワークフローを効率化

コスト

革新的なフローセルデザインとアップグレードしたイメージングシステムによりコスト削減を実現

サステナビリティ

リサイクルしやすく、コンパクトな包装の最新カートリッジ

NGSによる遺伝子発現プロファイリング

mRNA-Seqでは、リアルタイムPCR(qPCR)と比べて多数の利点があります。

  • 既知および新規転写物の同定
  • 仮説不要の実験デザイン
  • より高いサンプルスループット
  • 20超のターゲットで高いコスト効率
3つの簡単なステップでmRNA-Seqを実施

シームレスなワークフローソリューションで標準的なmRNAサンプルのコーディングトランスクリプトームを解析します。

推奨ワークフローはこちら

ターゲットの濃縮

ハイブリダイゼーションによる濃縮は、所定のサンプル中で特定の遺伝子バリアントを解析するのに有効な戦略です。ターゲットの濃縮により、堅牢で明快なワークフローを用いてエクソームや多数の遺伝子(50超の遺伝子等)を確実にシーケンスできるようになります。幅広いインプットの種類や量で信頼できる結果が得られます。 用途:

  • ヒト全エクソームシーケンス
  • がんや遺伝病研究のためのあらかじめデザインされた(固定)シーケンスパネル
  • カスタムDNAパネルやRNAパネル
3つの簡単なステップでターゲットを濃縮

ビーズ上でのタグメンテーションケミストリーにより、幅広いDNAインプット、サンプルサイズ、およびアプリケーションへの対応が可能になります。

推奨ワークフローはこちら

シングルセルアプリケーション

NextSeq 2000システムにより、以下を実施できます:

  • 一定の研究予算内での、より多くの細胞やサンプル、追加条件、タイムポイント、または方法の解析
  • 概念実証実験における迅速なターンアラウンドの実現
  • 同一細胞から遺伝子発現と抗体を用いたタンパク質検出を同時に実施
NextSeq 2000システムの詳細はこちら
ターゲットNGSとqPCRの選択

各方法の利点と欠点を見て、どちらがお客様のニーズに適しているか把握しましょう。

全エクソームシーケンスと全ゲノムシーケンス

各アプローチの利点を確認して、どちらがお客様の研究に適しているか把握しましょう。

シーケンスによる抗体ベースのタンパク質検出

個々の細胞内でRNAシーケンスと細胞外タンパク質の検出を同時に行う方法について詳細をご覧ください。