【イルミナiSchool プロフェッショナル】 腸内環境のデザインに向けて

【イルミナiSchool プロフェッショナル】 腸内環境のデザインに向けて

株式会社メタジェン 取締役副社長CTO
東京工業大学 生命理工学院 准教授
山田 拓司 様
Topic: Microbiology & Infectious Disease : Sequencing : Customer

ヒト腸管内には数多くの細菌が我々とともに共生しており、複雑な生態系を構築している。DNA配列を高速に決定するシーケンサーの技術的な発展に伴い、メタゲノム解析と呼ばれる手法が登場してきた。これにより、培養を介さずに網羅的に細菌群集を解析対象とすることが可能となった。これまでは取り扱いが困難であった難培養性細菌も数多く明らかになりつつある。現在、メタゲノム解析を基盤としてヒト腸内細菌研究は大規模なコホート研究へと発展している。肥満や糖尿病、炎症性腸疾患など様々な疾患に対して、罹患時の腸内環境の状態を定義する試みがなされている。 
ここでは、我々の研究グループが進めている大腸がんの罹患に伴う腸内環境の変動について紹介する。現在は大腸がん罹患時に、腸内がどのような菌叢構造を持つかを観察し、健常時との違いを明らかにすることで、大腸がんマーカーの探索を行っている。 
腸内細菌が関わる可能性のある疾病はますます発見されていくことが予想される。今後は様々な疾患に対して、その罹患している状態を罹患前に近い状態に遷移させる、すなわち腸内環境の制御を試みるフェーズがくる。腸内環境の制御やデザインに向けた第一歩としての腸内環境研究を紹介したい。

【イルミナiSchool 初級】SAV(Sequencing Analysis Viewer)でランの評価と改善を行う
イルミナ株式会社
テクニカル アプリケーション サイエンティスト
西田 圭伸
Topic: Sequencing
【プロフェッショナル】次世代シーケンサーを利用した新規genotyping技術GRAS-Diの開発
トヨタ自動車株式会社
新事業企画部バイオ・緑化研究所
榎 宏征 先生
Topic: Customer
【イルミナiSchool 初級】BaseSpace Variant Interpreter (Beta!) 、ことはじめ
イルミナ株式会社
シニアバイオインフォマティクス サポートサイエンティスト
癸生川 絵里
Topic: Sequencing