がん研究における画期的な成果を促進

がんを引き起こす変異を包括的に把握する精確な次世代シーケンス法

がんシーケンス法

次世代シーケンス(NGS)によるがんDNAシーケンスは、従来の単一遺伝子およびアレイベースの手法に比べ、より短時間で多くの情報を提供します。NGSにより、全ゲノム研究、ターゲット遺伝子プロファイリング、腫瘍と正常サンプルの比較などを行うことができます。また、NGSが備える高精度により、稀な体細胞変異、腫瘍サブクローン、循環DNA断片を検出することができます。

Oncology
がん全ゲノムシーケンス

腫瘍組織にみられる固有の変異の全体像をご覧ください。

詳細について
がんエクソームシーケンス

腫瘍進行に関連するコーディング変異をコスト効率よく同定します。

詳細について
がんターゲットシーケンス

がんターゲットシーケンス

詳細について
非侵襲的がんバイオマーカー

高精度のNGSを使用して、循環腫瘍DNAなどの非侵襲的バイオマーカーを検出します。

詳細について
Image
がん研究向けの高スループットゲノム技術

がんDNAシーケンスによって深化する腫瘍の生態に関する知見ををご覧ください。

PDFを読む
Image
FFPE由来DNAのシーケンス

Dr. Yasser Riazalhosseiniが、シーケンスに使用する分解されたFFPE由来DNAを完全な状態に保つ方法についてご紹介します。

PDFを読む
Image
腫瘍のアクショナブルな変異の検出

Wagleらが高スループットシーケンスによる腫瘍サンプルのゲノム変異の検出を紹介します。

論文を読む
Image
がん研究論文集

イルミナテクノロジーを使用した最新のがん研究論文の概要。

PDFを読む
Image
がんおよび免疫系研究論文集

腫瘍細胞と免疫系間の相互作用を探索した最新の研究論文の概要。

PDFを読む
Image
限られたまたは低品質の腫瘍サンプルのシーケンス

FFPE由来および利用量の限られた(針生検または吸引)腫瘍DNAの解析を促進するソリューションを見つけてください。

詳細はこちら