プロセスよりも研究を推進

アグリゲノムの理解を深め、個々の経済を改良

農業コンソーシアム

コンソーシアムでは、メンバーは互いに協力してある生物種の理解を深めることを目的としています。すでに様々な動植物のコンソーシアムが存在していますが、パブリックなものもあれば、プライベートなものもあります。イルミナはコンソーシアムをアレンジし、研究者のリソースをまとめています。

イルミナのBeadChipを基盤とするジェノタイピングパネルは、すでに25以上のコンソーシアムから製品化されています。下記にあるのはパブリックなコンソーシアムの一覧ですが、開発されたBeadChipは幅広いアグリゲノムのアプリケーションに使われています。こうしたツールを使い、研究者は高価値形質スクリーニング法の開発を進め、研究を実際の現場に応用できるようになるのです。

イルミナの BeadChipは幅広いアグリゲノムアプリケーションに対応するように設計されており、研究の推進と拡大、高価値形質のスクリーニング手法の進歩、そしてフィールドにおけるこれらのアプリケーションの応用を可能にします。

コンソーシアムにご興味のある方はこちらのフォームからご連絡ください。

Agrigenomics Consortia Collage

電子メールにてアグリゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。