開催予定ウェビナー

ウェビナー

Filter By Topic:
Filter By Region:
【中級】ロングレンジPCRとNexteraXTを組み合わせた遺伝子変異解析 | イルミナiSchool

ロングレンジPCRとNexteraXTを組み合わせた特定領域・遺伝子の配列解析は、簡単に運用ができる費用対効果の高い手法です。この手法は、変異解析、HLAのジェノタイピング、ミトコンドリア配列解析などの様々なアプリケーションで用いられています。本セッションでは、一連のワークフロー、Tips、そして実際の応用例を紹介いたします。

イルミナ株式会社
シニアアプリケーション コンサルタント
寺倉 伸治
Topic: Sequencing
【プロダクト】FFPE腫瘍サンプルからのDNA・RNA変異解析ソリューション:TruSight Tumor 170ライブラリー調製からデータ解釈まで | イルミナiSchool

イルミナより新たに販売を開始するTruSight Tumor 170は、固形腫瘍に関連する170種類の遺伝子を対象として設計されています。TruSight Tumor 170は濃縮ベースのターゲットパネルで、DNAとRNAを同時に解析し、さまざまな種類の変異を検出することができます。

また、先日プレスリリースでご案内した通り、IBM Watson Healthとイルミナは、Watson for GenomicsをイルミナのBaseSpace Sequence Hubに統合することにより、ゲノムデータの解釈に関する情報へのアクセスを拡大する、提携を発表しました。これにより、TruSight Tumor 170で生成された幅広いバリアントデータの解釈に役立つ情報に、これまでになく簡単かつすばやくアクセスできるようになります。

本ウェビナーでは、TruSight Tumor 170製品概要についてご案内するとともに、データ解析および解釈までの一連のソリューションについて解説いたします。

イルミナ株式会社
プロダクトマーケティング
深田 ひとみ
Topic: Cancer Genomics
【初級】始めようNovaSeq 6000 -環境準備編- | イルミナiSchool

今年リリースされたNovaSeq 6000は、HiSeqシリーズ以上の高いデータ出力を可能とし、かつNextSeqなどのデスクトップ型システムのような簡便な操作性を兼ね備えた新しいシステムです。所要電源など既存の次世代シーケンサーとは仕様が大きく異なる箇所があります。

本ウェビナーでは、NovaSeq 6000を導入する際に、特に考慮いただく必要がある本装置のサイズや付属物、電源・空調・ネットワーク環境などの製品仕様からお客さまでご準備いただく事項などを具体的にご紹介します。

イルミナ株式会社
アプリケーション コンサルタント
渡邊 豊
Topic: Sequencing