24sure+ Microarray

全染色体のコピー数の不均衡および極体、割球および胚盤胞における副染色体の構造的不均衡をアッセイするためのマイクロアレイです。 Read More...
製品の選択

24sure+ Pack(サンプル数16)

PR-10-408602-PK

アクセサリー製品
どんなアクセサリーが必要ですか?

SurePlex DNA Amplification System(反応数50)

PR-40-415101-00

Product Highlights

24sure+マイクロアレイは、相互転座保因者の胚においてサブ染色体不均衡を検出して体外受精(IVF)の成功率を向上させるようにデザインされています。24sure+では、単一細胞由来の小さな染色体断片が確実に特定されて報告されるようにするために、テロメア近縁領域およびサブテロメア領域のカバレッジが拡大しています。

24sure+マイクロアレイには、利点がいくつかあります:
  • 24sure+は、従来の蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)法1と比べて、より正確に染色体均衡胚や正倍数体胚を選択することができます
  • 迅速なワークフローでサンプル結果と報告を12時間以内に得られます
  • 24sure+を購入すると、24sure+の検査結果を完全自動で解析、解釈、および報告するBlueFuse Multiソフトウェアが利用できます

24sure+検査は、いずれかの親における均衡型転座の存在が疑われる反復流産によりIVFを受けているカップルに最適です。均衡型転座保因者では表現型が確認されない場合もあります。しかしながら、配偶子形成中には転座した染色体の分離により正常型、均衡型、および不均衡型の配偶子が発生することがあり、不均衡型が配偶子の50%になると推測されます。2 発生した胚に大きな構造的不均衡のある場合には、生育不能である可能性が高くなります。その結果、均衡型保因者では不妊や反復流産や自然流産が確認される可能性があります。3

反復流産を経験するカップルについては核型を調べることができます。これは、彼らに発生している問題が均衡型再構成によるものかどうかを判断できる可能性のある低解像度の解析法です。そうであると判断された場合、均衡型転座の保因者には胚の24sure+分析を受ける選択肢があります。

Specifications

Method-Specific Workflow Example

 

Customer Stories

Sometimes the Journey to Parenthood Needs a Technology Nudge

New technologies and procedures help tackle infertility.

Read More
A Preimplantation Genetic Diagnosis Pioneer Takes a Look Back

Dr. Leeanda Wilton of Melbourne IVF codeveloped genomic methods that were key predecessors of technologies that are now contributing to successful IVF pregnancies.

Read More

製品に関する文献

Quality Measures for 24sure Microarrays

Technical Note | PDF 2 MB

Illumina Array Scanning Guide

Technical Note | PDF < 1 MB

CytoChip Algorithm Summary Technical Note

Technical Note | PDF < 1 MB

24sure+ Microarray Pack Product Information Sheet

Product Information Sheet | PDF < 1 MB

COT Human DNA Product Information Sheet

Product Information Sheet | PDF < 1 MB

Fluorescent Labeling System [dCTP] Product Information Sheet

Product Information Sheet | PDF < 1 MB

SurePlex DNA Amplification System Product Information Sheet

Product Information Sheet | PDF < 1 MB

関連製品

参考文献
  1. Manning M, Hudgins L. Array-based technology and recommendations for utilization in medical genetics practice for detection of chromosomal abnormalities.ACMG Practice Guidelines. 2010.
  2. Lippman-Hand A, Vekemans M. Balanced translocations among couples with two or more spontaneous abortions: Are males and females equally likely to be carriers? Human Genetics. 1983;63(3):252-257.
  3. Sugiura-Ogasawara M, Ozaki Y, Sato T, et al.Poor prognosis of recurrent aborters with either maternal or paternal reciprocal translocations.Fertil Steril. 2004;81(2):367-373.