エピジェネティックな修飾と
遺伝子制御への影響を理解

DNAシーケンス以外の遺伝的変化を研究するための強力なソリューション

エピジェネティクス

エピゲノムでは、ゲノムの物理的構造を変化させる化学的な修飾が行われます。これにより、遺伝子発現を制御し、細胞のライフサイクル中の様々な時点において活性化する遺伝子を選択することが可能になっています。エピジェネティクスは成長や発達、疾患の進行において重要な役割を果たしています。エピゲノムは、食事やストレスなどの環境要因に応じて変化するのです。

イルミナは操作性に優れ、コスト効率の良いエピジェネティクス解析のための幅広いソリューションを提供しています。世界をリードする専門家と一緒に、急速に進化する研究のニーズに応える製品群を開発しています。

DNAメチル化解析

シーケンスとアレイベースの手法を利用することで、メチル化パターンをゲノム全体にわたり定量的に解析します。

詳細はこちらから
DNA-タンパク質相互作用の解析

タンパク質とDNAの相互作用への理解を深めましょう。遺伝子発現におけるクロマチン修飾と局所的構造変化の潜在的な影響を解析します。

詳細はこちらから
がんにおけるエピジェネテックな変化
Cancer Research with RNA-Seq

メチル化異常、転写因子結合の変化など、がんのエピジェネティクスに関する研究により、重要な腫瘍形成過程について理解することができます。メチル化の変化は遺伝子を活性化または不活化させる場合があるため、エピゲノムの変化は遺伝子発現やがんの進行速度に影響をおよぼします。がんエピジェネティクス >>

複雑な疾患に関するメチル化プロファイリング
Microbial RNA-Seq

ゲノムワイドなメチル化のプロファイリングは、複雑な疾患症例で作用する機能的なメカニズムの理解に役立ちます。異常なシトシンメチル化は遺伝子発現に影響をおよぼし、アルツハイマー病や喘息など多くの疾患過程に関与しています。メチル化プロファイリング >>

電子メールにてゲノム解析研究手法における最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。

Epigenome Roadmap
エピゲノムロードマップ

主にヒトの組織および細胞におけるエピゲノム全貌の特徴づけを説明した研究論文の数々です。

ロードマップを読む
Epigenetic Contributions to Addiction
中毒におけるエピジェネティクスの貢献

Marilee Morganがエピジェネティックな印と薬物乱用者の脳の画像スキャンを関連付けるNGSの使用について紹介します。

インタビューを読む
Nutrition: Matter Over Mind
栄養: 気力で乗り越える

ヒト健康におけるエピジェネティクスがもたらす影響について、現在の研究をレビューしています。

ビデオを見る
Epigenetics and Obesity
肥満とエピジェネティクス

Dr. Samaniとそのチームは肥満によって引き起こされたメチル化の特徴について、エピゲノムワイドな関連解析を実施しました。

インタビューを読む
Nature vs. Nurture
自然 vs. 育成

がん、遺伝性疾患、および発達におけるエピジェネティクスの役割についてご紹介しています。

ビデオを見る
Methylation Field Guide
メチル化手法の現場ガイド

シトシンメチル化の影響およびシトシンの変化を検出するのに使用した主な手法の概要です。

ガイドを読む
Library Prep and Array Kit Selector
ライブラリー調製とアレイキットセレクター

プロジェクトタイプ、出発材料、興味のある手法に応じた最適なキットをお選びください。

最適なキットを探す
Epigenome Blueprint
エピゲノムの設計図

健康および疾患のヒト細胞における遺伝子活性と抑制を理解するための100リファレンスエピゲノムを産出したコンソーシアムの努力です。

詳細はこちらから
Learn Epigenetics
エピジェネティクスを学ぶ

SEPAが資金援助をしているユタ大学の遺伝科学ラーニングセンターでの取り組みです。

詳細はこちらから