共同研究コミュニティの創造

リソースの集約、コスト削減、優れた成果の達成をともに

ゲノムコンソーシアム

急激な人口増加と気候変動は、食料供給の維持に固有の課題をもたらしており、これを克服するために、科学的なサポートが必要となっています。農業におけるゲノム解析、あるいはアグリゲノムと呼ばれる分野は、持続的な生産性を促進し、人口急増に伴う食料問題に対応するソリューションを提供しています。

新しい製品およびアプリケーションの継続的な開発を通して、イルミナは農業における研究者をサポートする革新的なアプローチを提供しています。イルミナのテクノロジーは、動植物の育種研究を支援し、理想とする形質を同定することで、健康で生産性の高い家畜と農作物をもたらします。

イルミナはヒトの疾患に関する共同研究の前進を、集団規模のゲノムワイド関連解析によって円滑に進めます。ヒト疾患研究コンソーシアムへの参加、または新規コンソーシアム立ち上げに興味がありましたら、以下のフォームからご連絡ください。

Fill Out Interest Form

ヒト疾患研究コンソーシアムの詳細はこちらをご覧ください。FAQを読む.


イルミナでは、、業界をリードするテクノロジーと経験豊富な複数サイトのプロジェクトマネージメントを組み合わせた、コンソーシアムによるコラボレーションを提供しています。イルミナのソリューションはコンソーシアムプロセスを簡素化する一方で、プログラムの効率性を最大限に活かし、優れた結果をもたらします。お客様が研究にフォーカスできるよう、イルミナがプロセスの管理を行います。

農業コンソーシアムについて »
Agrigenomics Consortia
Infinium Expanded Multi-Ethnicジェノタイピングアレイ (MEGAEX)

コンソーシアムに基づいたアレイ分析により、多様なヒト集団の複雑な疾患について理解を深めることができます。専門的に選定された200万を超えるマーカーを搭載して、多様なヒトゲノムコンソーシアムから活用可能な情報を同定します。

Contact Us
Infinium DrugDevコンソーシアムアレイ

トランスレーショナルゲノミクスやコンピューティングバイオロジー分野有数のグローバルリーダーと共同開発したジェノタイピングアレイは、ADME遺伝子や創薬ターゲットとなるゲノムを網羅的にカバーします。そして、創薬ターゲットの発見やバリデーション、既存薬の再利用、前臨床バイオマーカー分析、薬物特異性の研究などに幅広く適用することができます。

データシートを読む

コレステロール薬試験で効果を得られない患者で薬剤応答を示す遺伝子型を同定するために、イルミナのアレイを利用した研究例をご覧ください。インタビューを読む.

Pharmacogenomics and Cardiovascular Disease
Interested in receiving newsletters, case studies, and information on genomics consortia? Enter your email address.
Genotyping Solutions
Genotyping Solutions

Illumina genotyping technology is a flexible and robust way to screen for SNPs and structural variations.

Learn More
Genomics to Improve Agriculture
Genomics to Improve Agriculture

Agrigenomic technologies help plant and animal breeders and researchers develop healthier, more productive crops and livestock.

Learn More
Illumina Technologies
Illumina Technologies

Our next-generation sequencing and microarray technologies support a wide range of genomics applications.

Learn More
Growing Better Cotton
Consortium to Grow Better Cotton

Researchers developed a cotton genotyping array, enabling breeders to produce more sustainable and valuable cotton.

Read Interview