遺伝子制御に影響する
DNAタンパク質相互作用を同定

DNAタンパク質結合解析

DNAタンパク質の相互作用を解析することで、多くの生物学的プロセスや疾患状態に重要な、制御事象を理解することができます。このエピジェネティクス情報は、DNAシーケンスやジェノタイピング、遺伝子発現など様々なゲノム解析に相補的なものです。

DNA-Protein Interaction Analysis

クロマチン免疫沈降(ChIP)と大量並列シーケンスを組み合わせたChIP-Seqは、精度よくタンパク質、DNA、そしてRNAの相互作用を捉え、多くの生物学的プロセスや疾患状態に重要な、制御事象を理解することができます。ChIP-Seqでは転写調整因子の結合部位の同定や、ゲノム上のヒストン修飾の調査、そしてクロマチン構造や機能のさらなる理解を深めることができます。

ChIP-Seqについての詳細

Analyzing DNA-Protein Interactions with Sequencing
腫瘍におけるDNAタンパク質相互作用を検出
Detect DNA-Protein Interactions in Tumors

がんでは、転写因子の結合部位が変わることは比較的よくおこるエピジェネティクスの変化です。ChIP-Seq実験では興味のあるタンパク質が関連するDNA領域を包括的にとらえることができます。
がんエピジェネティクス >>

よくある疾患における遺伝子発現
Gene Expression in Common Disease

遺伝子発現とその制御の解析は、複雑な疾患で観察されるゲノム変化の生物学的な影響を明確にします。
遺伝子発現プロファイリングと制御 >>

電子メールにてゲノム解析研究手法における最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。

Sequencing Methods Review
シーケンス手法レビュー

ピアレビューされた論文からの、ChIP-Seqを含む様々なNGSライブラリー調製プロトコールを集約しています。

PDFをダウンロード
Epigenome Roadmap
エピゲノムロードマップ

主にヒトの組織および細胞におけるエピゲノム全貌の特徴づけを説明した研究論文の数々です。

ロードマップを読む
Epigenome Blueprint
エピゲノムの設計図

健康および疾患のヒト細胞における遺伝子活性と抑制を理解するための100リファレンスエピゲノムを産出したコンソーシアムの努力です。

詳細はこちらから
ENCODE
ENCODE

ENCODEコンソーシアムはゲノムの関連するタンパク質の包括的なリストを構築し、ChIP-Seqデータの産出および解析の標準化を設定しました。

ENCODEにアクセス