複雑な疾患の細胞研究

アレイとNGS手法により、複雑な疾患の病因において細胞機能のグローバルな遺伝子解析を可能に

細胞機能研究

従来、細胞生物学の研究では複雑な疾患における1遺伝子、遺伝子ファミリー、あるいはシグナルパスウェイの寄与と機能の理解を行っていました。研究者は顕微鏡やフローサイトメトリー、タンパク質ブロッティングなど、シグナルをベースとする手法を使っています。複数要因を有する複雑な疾患の特性を考えると、このアプローチは時間がかかり、決定的な発見に辿り着くのは困難でした。

イルミナのアレイとNGSテクノロジーは、タンパク質相互作用や1遺伝子機能研究などといった従来の手法を超えて、細胞研究の幅を広げます。イルミナテクノロジーによりゲノム、トランスクリプトーム、エピゲノムにわたって解析が行えます。NGSの結果は実験デザインとそれに続く研究に情報を与え、最終的に研究者が迅速に論文発表できるよう時間を節約することができます。

疾患における細胞活動の探索と理解のために、どのようにNGSが新しい手法を提供するかご覧ください。

イントロダクションを読む

幹細胞発達研究

どのようにシングルセルRNAシーケンスが私たちの幹細胞における細胞発達の理解を変換させたかご覧ください。

インタビュ―を読む
電子メールにて複雑な疾患ゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。