サイエンティフィックな論文からの
幅広いライブラリー調製手法

NGSライブラリー調製の手法

イルミナでは、科学論文から次世代シーケンサー(NGS)のライブラリー調製手法をまとめています。これらの手法は幅広い科学的な質問に対応するもので、イルミナの1塩基合成(Sequencing by Synthesis)テクノロジーで実証されています。これらの手法は、下記を解析するライブラリー調製手法が含まれます。

  • RNA 転写
  • RNA 低いレベルでの検出
  • RNA 修飾
  • RNA 構造
  • 転座とマーカー
  • DNA 低いレベルでの検出
  • メチル化
  • DNA-タンパク質相互作用
  • タンパク質相互作用

これらの手法は包括的なレビュー記事でまとめられており、また長所および短所、論文サマリー、参照がご覧いただけます。

手法レビューをダウンロードする

これらの手法は、ポスターでも表記されています。 ポスターを見る (PDF, 11 MB).

Sequencing Methods Review
シーケンス手法エクスプローラー

このベータ版の直観的なツールでは、科学論文からまとめられた次世代シーケンサー(NGS)ライブラリー調製手法を探すことができるツールです。このツールは、上記にあるシーケンス手法レビュー記事、およびポスターの手法が含まれています。新しい手法については、継続的に追加する予定です。

手法を見つける
Method Selector
Par-CLIP

PAR-CLIP(Photoactivatable ribonucleoside–enhanced crosslinking and immunoprecipitation:光活性化リボヌクレオシド促進クロスリンクと免疫沈降) は、RNA結合タンパク (RBPs)を検出できます。このアプローチはHITS-CLIPとCLIP-Seqに似ていますが、より効率の良いクロスリンキングを使い、タンパク質とRNAを安定化させています。光活性化することができるリボヌクレオシドが必要なため、このアプローチは細胞培養とin vitroシステムにのみ限定されます。この手法では、4-thiouridine (4-SU) および 6-thioguanosine (6-SG) が培養細胞の転写産物に取り込まれます。incorporated into transcripts of cultured cells. UV放射が 4-SU/6-SGラベル化された転写産物をRBPの表面にクロスリンクします。ターゲットとなる複合体は免疫沈降され、RNase T1およびProteinase Kにより分解され、RNA抽出されます。RNAは逆転写反応でcDNA化し、シーケンスされます。cDNAをディープシーケンスすることで、ラベル化された転写産物が相互作用しているRBPを精確にマップすることができます。

現在の手法を見る
UMI Method

SBSテクノロジーが可能にするアプリケーション(全ゲノム解析から全トランスクリプトーム解析、その他多数)についての詳細は、End-to-Endのソリューションを提供するDNAシーケンスおよびRNAシーケンスのページをご覧ください。

電子メールにてゲノム解析研究手法における最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。

Custom NGS Protocols
NGSプロトコールをカスタム化

お客様の実験ごとに、イルミナシーケンサーと実験に必要なものをまとめてカスタム化します。

カスタム化する
Library Prep and Array Kit Selector
ライブラリー調製とアレイキットセレクター

ラボ、研究室、アプリケーションに最適なキットを探します。

最適なキットを探す 最適なキットを探す
Explore the HiSeq 3000/HiSeq 4000
HiSeq 3000/HiSeq 4000システム

複数のアプリケーションにおいて、最も高い1日あたりのスループットと、最も低いサンプルあたりの価格をご提供します。

システムを見る