ラボプロトコールの自動化

デジタル液体処理テクノロジーは、複雑なラボ手順における手動ステップを最小限にします

デジタルマイクロフルイディクス

デジタルマイクロフルイディクスは、複雑なラボプロトコールを実施するためにナノリットルサイズの液滴を正確に操作できる高度液体処理テクノロジーです。 このイノベーションにより、シーケンスライブラリー調製、定量、およびノーマライゼーションなどの手順におけるほとんどの手動ステップを排除することが可能です。 このテクノロジーの基礎をさらにご覧ください。

革新的な液体処理テクノロジー

デジタルマイクロフルイディクスは、電圧を用いて表面の湿潤性を調節するエレクトロウェッティング(電子湿潤性)の原理に基づいています。 疎水性の表面上では、水滴は自然にビーズ状に玉のように連なりますが、水滴と絶縁体電極間に電圧を印加すると、水滴を広がらせることができます。

電圧が印加されると水滴は疎水性表面上に広がる

デジタルマイクロフルイディクスは液滴の制御にエレクトロウェッティングを利用します。 電気シグナルを整列化された電極にかけることで、それぞれの液滴のサイズと位置を定めます。 さらに電圧のスイッチを入れたり消したりすることで、隣接する電極付近を液滴が移動します。

Alt Name

連続した隣接する電極に電圧が加えられると、液滴は移動する

電気シグナルを使った液滴の分注、結合、および混合は、同じメカニズムで行われます。 これらの基本操作が、生化学反応を行う構成単位となります。

デジタルマイクロフルイディクスを利用するシステムには、PCR、ビーズを用いた操作、および定量などのプロセスを実行するための熱関連部品、磁性部品、および光学部品も統合することができます。 これにより、貴重なサンプル材料を節約し、人的ミスの可能性を大幅に減らすことが可能です。

自動化ライブラリー調製バイヤーズガイド

ライブラリー調製自動化システムを評価する際に考慮すべき事項をご覧ください。

ガイドを読む
電子メールにて最新のニュース、事例研究、アプリケーション情報をご提供します。ぜひご登録ください。