特定タイムポイントにおける
細胞のリボソーム活動のスナップショットを提供

リボソームプロファイリングでタンパク質量の予測と細胞翻訳プロセスをモニタリング

リボソームプロファイリング

リボゾームプロファイリングはリボゾームが付加されたmRNA断片をディープシーケンスする手法です。これらの断片の精製とシーケンスにより、ある特定時における細胞内のリボゾームの活動を捉えることができます。この情報により、細胞内でどのタンパク質が活性化されているかを同定することができます。

リボゾームプロファイリングは細胞翻訳プロセスの系統的なモニタリングとタンパク質量の予測を可能にします。どの領域のmRNAが翻訳されているかを決定することにより、複雑な生物種のプロテオームの理解を進めることができます。イルミナの次世代シーケンサーと組み合わせることで、リボゾームのプロファイリングは高精度で詳細な in vivo のタンパク質産出解析を行えます。

遺伝子制御の重要な側面を明確にする翻訳処理をされている転写産物を同定します。

  • 転写制御の解析
  • タンパク質合成率の評価
  • タンパク質量の予測
Advantages of Ribosome Profiling

リボゾームプロファイリングはサイズ排除クロマトグラフィーが使われています。この手法では、イルミナ次世代シーケンサーと互換性のあるライブラリーをリボゾームが付加されたRNA断片から作製するステップを合理化しています。シンプルで迅速、拡張性の高いこの手法は、特別な機器を必要としません。ポリソームやモノソームを抽出する他の手法の場合、ショ糖密度勾配やクッションを使い、数時間にもわたる超遠心分離法を必要としています。

Generating Sequencing Libraries for Ribosome Profiling

イルミナでは包括的なリボソームプロファイリングワークフローを提供し、ライブラリー調製からデータ解析、生物学的な解釈までの全ワークフローを簡素化します。

イルミナの1塩基合成(SBS)ケミストリーは最も広く使われているNGSテクノロジーで、世界のシーケンスデータの約90%を産出しています。*

各ワークフローステップの製品を見るには、下記のをクリックください。

ARTseq/TruSeq Ribo Profile Library Preparation Kit**

酵母および哺乳類サンプルからリボソームに保護されたmRNA断片をシーケンスします。超遠心分離機は必要ありません。

ライブラリー調製とアレイキットセレクター ライブラリー調製とアレイキットセレクター

プロジェクトタイプ、出発材料、興味のある手法に応じた最適なキットをお選びください。

MiSeqシリーズ

フォーカスしたパワーにスピードと簡素化を与えたシステムで、ターゲットおよび小さいゲノムシーケンスに最適です。ランあたり1-2サンプルのリボソームプロファイリングが可能です。

NextSeq シリーズ

柔軟性のパワーに、スピードと簡素化をもたらし、日々のゲノム解析に使えるシステムです。ランあたり7-20サンプルのリボソームプロファイリングが可能です。

HiSeq シリーズ

ポピュレーションのパワーで、最高のスループットと最も低いコストをプロダクション規模のゲノム解析に使うことができます。ランあたり15-100サンプルのリボソームプロファイリングが可能です。

プラットフォーム比較ツール

NGSプラットフォームを比較し、研究室とアプリケーションに最適なシステムをお探しください。

シーケンス試薬

シーケンス試薬、フローセル、そしてバッファーなどイルミナシーケンスシステムのキットをお探しください。

TruSeq Ribo Profile Bioinformatics Guide

ソフトウェアのインストール、解析ワークフロー、クオリティマトリックスなどその他のガイドです。

BaseSpace Genomics Computing

BaseSpace解析ツールは今後リリースを予定しています。BaseSpace Genomics Computingページにて、最新の解析ツール情報をご確認ください。

がん研究:遺伝子の脱制御
Cancer Research: Gene Deregulation

リボソーム保護されたmRNA断片をシーケンスすることで、がんにおける遺伝子脱制御の重要な明察を手にすることができます。特定mRNAの翻訳において関与しているリボソームの数を測定することで、研究者はがん発達における機能変化の理解を深めることができます。
がんゲノム研究 >>

複雑な疾患研究:翻訳制御
Complex Disease Research: Translational Regulation

翻訳制御は、翻訳処理されている転写産物の割合を決定します。リボソームプロファイリングはゲノムとトランスクリプトーム、プロテオームのギャップを埋め、翻訳後制御の重要な役割を明確にし、複雑な疾患をもたらすメカニズムに新しい洞察をもたらす可能性があります。
NGSと複雑な疾患ゲノミクス >>

電子メールにてゲノム解析研究手法における最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。

RNA-Seq With the NextSeq Series
RNA-SeqとNextSeqシリーズ

NextSeqシリーズのシーケンスシステムはコスト効率的なRNA-Seqソリューションを手軽に手にすることができます。

PDFを読む
RNA-Seq Data Analysis
RNA-Seqデータ解析

ユーザーフレンドリーなソフトウェアツールが、バイオインフォマティクスの経験がなくても、生物学者のためのRNA-Seqデータ解析を簡素化させます。

詳細はこちらから
Key Ribosome Profiling Publications
重要なリボソームプロファイリング論文

イルミナテクノロジーを使った研究論文で、リボソームプロファイリングを検索してみてください。

重要な論文にアクセス
Ribosome Profiling Enables Full Translation Analysis
リボソームプロファイリングですべての翻訳解析を可能に

タンパク質合成レベルで遺伝子発現を解析する直接的な手法です。

アプリケーションノート

* データはイルミナにて公的データベースをもとに計算(2015)

**ARTseqライブラリー調製キットの製品名はTruSeq Riboプロファイルに変更されました。ラベルに記載された両製品名のキットに含まれる試薬の品質およびワークフローに変更はございません。