コピー数多型を検出し解析するゲノムツール

コピー数多型解析

コピー数多型(CNV)とは、1つ以上の遺伝子のコピー数が異常になるゲノムの変化をいいます。重複、欠失、転座、逆位などの構造ゲノム再編がCNVを引き起こす場合があります。

一塩基多型(SNP)のように、疾患感受性との関連が指摘されるCNVもあります。イルミナはさまざまなアレイおよび次世代シーケンス(NGS)ソリューションを提供して、高解像度なコピー数解析を実現します。

コピー数多型

ゲノムワイドなジェノタイピングアレイは、疾患と表現型に関与するCNVを含む遺伝変異の検出に一般的に用いられます。アレイに基づいたコピー数解析法は、大規模解析に対応した信頼性の高い効率的な手法です。

研究者は、単一マイクロアレイ上で複数サンプルを処理してゲノムの構造多型に関する幅広い研究を行い、増幅、欠失、再編、コピー数に変化のないヘテロ接合性欠失などの染色体異常を精確にプロファイルすることができます。

アレイベースのCNV解析

イルミナは、CNV解析用にヒトおよびヒト以外のジェノタイピングアレイを提供しています。イルミナの科学者がアレイ上のマーカーを効果的に選別して、最適なコピー数解析に対応する最大ゲノムカバレッジを実現します。

細胞遺伝学研究アレイ

細胞遺伝学研究のためのアレイは、製造工程の一部でCNV解析での使用の妥当性を詳細に確認します。

詳細について
ヒトジェノタイピングアレイ

ヒトゲノムを網羅した高カバレッジでヒトでの変異を検出する、バイアスおよびターゲットのない手法。

詳細について
ヒト以外のジェノタイピングアレイ

農作物、家畜、モデル生物などのヒト以外の種のジェノタイピングに対応するアレイに基づいた包括的なキットです。

詳細について
カスタムジェノタイピングアレイ

使いやすいオンラインツールとイルミナの専門的なサポートを利用して、あらゆる生物種のカスタムまたはセミカスタムアレイがデザインできます。。

詳細について

ジェノタイピングアレイは大きなCNVの検出には効率的ですが、50キロベース未満のCNVの検出にはそれほど精度が良くありません。NGSではゲノムを塩基ごとに検討できることから、アレイでは見逃されがちな小さいまたは新規のCNVを検出できます。

さらに、NGSはCNVの精確な位置をマッピングすることができます。シーケンスの高解像度がアレイの高スループットを補って、ゲノムの全体像を捉えることができます。

TruSeq PCR-Freeライブラリー調製キット

さらに多くの変異を同定して、難易度の高い領域のシーケンスを行います。詳細について.

TruSeq Nanoライブラリー調製キット

利用可能量に制限のあるDNAサンプルを効率的に検査し、カバレッジ品質を高めバイアスを抑えた少ないインプット量で行える手法です。詳細について.

Isaac Whole-Genome Sequencing BaseSpaceアプリ

高速で精確なIsaacアルゴリズムでアライメントおよびバリアントコールを行って、全ゲノムシーケンスデータを解析します。詳細について.

コピー数多型は遺伝子発現を変化させることがあります。ターゲットRNAシーケンス(RNA-Seq)は、対象の転写産物を解析し定量化するためのバイアスのないアプローチです。RNA-Seqでは遺伝子発現のわずかな変化を捕捉し、アリル特異的発現を測定し、融合遺伝子を検出することができます。変異の下流効果を特徴づけることにより、疾患の分子レベルの機序に関するさらなる理解を促します。ターゲットRNA-Seqについての詳細はこちらから

遺伝子発現に対するCNVのインパクトをNGSにより検出

研究者たちは、ターゲットRNA-Seqを行って、統合失調症関連のCNVが脳内の遺伝子発現にもたらす影響について解明しています。

インタビューを読む
細胞遺伝学
Cytogenomics

イルミナでは、染色体異常の検出用にデザインされた業界をリードする染色体マイクロアレイにより、高精度で信頼性の高い細胞ゲノム学データをご提供します。NGSではアレイを補完する検出を行います。この2つの手法はともに、一連の生殖医学、遺伝医学のアプリケーションに最適です。
細胞遺伝学 >>

がん染色体異常
がん染色体異常

シーケンスとアレイに基づいたテクノロジーは、遺伝子融合、染色体再編、コピー数変異などのがんの染色体異常を同定する補完的なアプローチを提供しています。
がん染色体異常 >>

疾患の原因となる変異の発見
疾患の原因となる変異の発見

アレイおよびNGSジェノタイピングでは、複雑な疾患および特性に関連して、CNVなどの疾患の原因となる変異を同定することができます。これらの標的遺伝子をさらに研究することは、疾患機序の特性評価の手助けとなります。
疾患原因変異の発見 >>

着床前遺伝子診断
着床前遺伝子診断

着床前遺伝子診断(PGD)により、遺伝性疾患に罹患する可能性のある胚をIVFサイクルの着床前に判断することができます。イルミナは、単一遺伝子疾患およびバランスのとれた染色体転座のPGDを迅速に行うためのソリューションを提供します。
PGD >>

電子メールにてゲノム解析研究手法における最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。

NGSおよび細胞ゲノミクス学アレイのためのシステム
NGSおよび細胞ゲノミクスアレイのためのシステム

NextSeq 550システム1台のプラットフォームで、シーケンスおよび高品質な細胞ゲノミクスアレイスキャンすべてが行えるようになりました実施できます。

システムを見る
アレイとNGSを用いた染色体遺伝学研究
アレイとNGSを用いた染色体遺伝学研究

最新のテクノロジーを利用して、染色体異常および疾患との関連性を検査室で解析することができます。

インタビューを読む
CNVアレイデータ解析の基本
CNVアレイデータ解析の基本

Infiniumジェノタイピングアレイで得られたCNVデータの解析についてトレーニングコースです。

コースを見る