MiSeq Reporter内蔵データ解析ソフトウェア

MiSeq Reporterソフトウェア

シンプルな装置上のデータ解析

MiSeq Reporterソフトウェアは二次データ解析を実行し、MiSeqシーケンサーにプレインストールされています。Real Time Analysisソフトウェアによるシーケンスラン中に装置上で生成されたベースコールを処理します。

リアルタイム解析が完了すると、MiSeq Reporterが自動的に起動します。各ゲノムとサンプルについて、アライメント、構造バリアント、コンティグアセンブリに関する情報を生成します。サンプルシートで指定されたワークフローに基づいて解析を行います。

MiSeqシステムレポーターソフトウェア

直感的グラフィック形式のデータ

MiSeq Reporterは、一次解析および二次解析のデータ、ならびに各サンプルの品質およびカバレッジ情報を、シンプルで直感的なグラフィック形式で提供します。

MiSeq Reporterトレーニング

データの解析方法とサポートされるワークフローについて学びます。

トレーニングを探す

プレインストールされたデータベースとリファレンスゲノム

ほとんどのワークフローでは、アライメントを実行するためにリファレンスゲノムが必要です。MiSeq Reporterには、あらかじめインストールされたいくつかのデータベースとゲノムが含まれています。

データベース:ヒトのmiRbase、ヒトのdbSNP、ヒトのrefGene

ゲノム:Arabidopsis thaliana、牛(Bos taurus)、大腸菌株DH10b、ヒト(Homo sapiens)ビルドhg19、マウス(Mus musculus)、ラット(Rattus norvegicus黄色ブドウ球菌、および酵母(Saccharomyces cerevisiae)。

独自のリファレンスゲノムを高速フォーマット(*.fastaまたは*.fa)でアップロードすることもできます。

MiSeq Reporterへのカスタムリファレンスゲノムの追加

MiSeq Reporter(MiSeq Reporter)に関心のあるリファレンスゲノムを追加する方法を学びます。

記事を読む

コンピューティング要件

MiSeq ReporterはWindowsサービスとして実行され、ウェブブラウザで閲覧できます。MiSeqシステムが次のランを実行中にデータを解析する場合は、別のコンピューターに別のソフトウェアのコピーをインストールできます。

その他の要件については、MiSeq Reporterコンピューティング要件サポートページを参照してください。

MiSeq Reporterをダウンロードするかサポートを受ける

MiSeq Reporterの最新バージョンで導入された変更を確認し、最新バージョンをダウンロードしてください。または、MiSeq Reporterテクニカルサポート情報にアクセスしてください。

MiSeq Reporterをダウンロード
MiSeq Reporterサポートへのアクセス