MiSeq Reporter内蔵データ解析ソフトウェア

MiSeq Reporterソフトウェア

装置内でデータ解析まで行えるシンプルさ

MiSeqシーケンサーにプリインストールされているMiSeq Reporterソフトウェアで、データの二次解析を行えます。 このソフトウェアは、リアルタイム解析ソフトウェアによって実行されるシーケンス中に装置で生成されるベースコールを処理します。

リアルタイム解析が完了すると、MiSeq Reporterが自動的に起動し、 各種ゲノムおよびサンプルのアライメント、構造多型、およびコンティグアセンブリーの情報が作成されます。 サンプルシートで指定されているワークフローに基づいて解析が実行されます。

miseq system reporter software

直感的なグラフ形式でデータを表示

MiSeq Reporterは、一次および二次解析データと各サンプルのクオリティおよびカバレッジに関する情報を、シンプルかつ直感的なグラフ形式で表示します。

MiSeq Reporterのトレーニング

データを解析したり、サポートされているワークフローを調べたりする方法を学べます。

トレーニング内容を見る

プリインストール済みのデータベースおよびリファレンスゲノム

ほとんどのワークフローでは、アライメントを実行するためにリファレンスゲノムが必要です。 MiSeq Reporterでは、複数のプリインストール済みデータベースおよびゲノムを利用できます。

データベース:ヒトmiRbase、ヒトdbSNP、およびヒトrefGene

ゲノム: シロイヌナズナ、ウシ(Bos taurus)、大腸菌DH10b株、ヒト(Homo sapiens)build hg19、マウス(Mus musculus)、ラット(Rattus norvegicus)、黄色ブドウ球菌、酵母(Saccharomyces cerevisiae)。

fasta形式(*.fastaまたは*.fa)で独自のリファレンスゲノムをアップロードすることもできます。

MiSeq Reporterへのカスタムリファレンスゲノムの追加

MiSeq Reporterに独自のリファレンスゲノムを追加する方法について説明しています。

Bulletinを参照する

コンピューター要件

MiSeq ReporterはWindowsのサービスとして実行され、ウェブブラウザー上に表示されます。 このソフトウェアを別のコンピューターにインストールすれば、MiSeqシステムで次のランを実行中にデータを別のコンピューターで解析することができます。

詳しい要件については、MiSeq Reporterのコンピューター要件のサポートページを参照してください。

MiSeq Reporterのダウンロードまたはサポートのご依頼

MiSeq Reporterの最近のバージョンに導入された変更点を確認し、最新版をダウンロードしてください。 または、MiSeq Reporterテクニカルサポート情報にアクセスしてください。

MiSeq Reporterをダウンロード
MiSeq Reporterサポートにアクセス