MiSeqシステムの仕様

MiSeqは、高いデータ品質を維持しながら、シーケンスラン時間の短縮と長いリード長を実現します

MiSeq仕様

  MiSeq Reagent Kit v2 MiSeq Reagent Kit v3
リード長 36bp × 1 25bp × 2 150bp x 2 250bp x 2 75bp × 2 300bp x 2
ラン時間* ~4時間 ~5.5時間 ~24時間 ~39時間 ~21時間 ~56時間
出力 540~610Mb 750~850Mb 4.5~5.1Gb 7.5~8.5Gb 3.3~3.8Gb 13.2~15Gb
  MiSeq Reagent Kit v2 Micro MiSeq Reagent Kit v2 Nano
リード長 150bp x 2 250bp x 2 150bp x 2
ラン時間* ~19時間 ~28時間 ~17時間
出力 1.2Gb 500Mb 300Mb

* ラン時間には、デュアルサーフェススキャン対応のMiSeqシステムにおけるクラスター形成、シーケンス、ベースコールまでが含まれます。

 MiSeq Reagent Kit v2MiSeq Reagent Kit v3MiSeq Reagent Kit v2 MicroMiSeq Reagent Kit v2 Nano
シングルリード1,200万~1,500万2,200万~2,500万400万100万
ペアエンドリード数2,400万~3,000万4,400万~5,000万800万200万

** 据付けはイルミナPhiXライブラリーを使用し、サポート内のパスフィルターのクラスター密度(MiSeq v2試薬キットの場合は865-965k/mm2、MiSeq v3試薬キットの場合は1200-1400k/mm2)で実施します。 実際のパフォーマンス項目は、サンプルの種類、クオリティ、そしてパスフィルタークラスターに依存します。

MiSeq Reagent Kit v2MiSeq Reagent Kit v3
36bp x 1の場合、Q30以上の塩基が90%以上75bp x 2の場合、Q30以上の塩基が85%以上
25bp x 2の場合、Q30以上の塩基が90%以上300bp x 2の場合、Q30以上の塩基が70%以上
150bp x 2の場合、Q30以上の塩基が80%以上 
250bp x 2の場合、Q30以上の塩基が75%以上 

† クオリティスコア(Qスコア)は、ベースコールにおけるエラー確率の予測指標です。 Q30以上の割合はラン全体の平均値を示します。

MiSeqシステムのデータシート

MiSeqシステムのデータシート

MiSeqシステムはDNAから結果までのシーケンスソリューションで、どんなラボ環境にも設置できるコンパクトな設計です。

データシートを見る
1塩基合成反応(SBS)テクノロジー

MiSeqシステムでは、イルミナの実績あるSBSテクノロジーを採用しているため、さまざまなアプリケーションで傑出した高品質かつ高精度なデータが得られます。 SBSでは、蛍光標識したヌクレオチドを使用する可逆的ターミネーター法により、伸長しているDNA鎖に取り込まれる塩基を1塩基単位で検出します。

詳細はこちらから

ペアエンドシーケンステクノロジー

ペアエンドシーケンスでは、DNA断片の両端をシーケンスできます。 各ペアリード間の距離は既知であるため、この情報をアライメントアルゴリズムで使用してリードをマッピングできます。 このテクノロジーは、シーケンスが困難なゲノムの反復領域間で特に有効です。

詳細はこちらから