MiSeqDx

NextSeq 550DxシステムとMiSeqDxシステムの比較
NextSeq 550DxシステムとMiSeqDxシステムの比較

いずれのシステムも医療機器としての一貫性と信頼性を実現しています。お客様の臨床ラボに適したシステムを見つけるため、これらのソリューションの相違点をご確認ください。


540 Mb–15 Gb

出力範囲

1,200万~2,500万

1ランあたりリード数

300 bp x 2

最大リード長
電子メールにてゲノム解析研究手法における最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。
MiSeqDx Cystic Fibrosis 139-Variant Assay <span class=
MiSeqDx Cystic Fibrosis 139-Variant Assay * 日本未発売

FDA-cleared, CE-IVD-marked next-generation sequencing test that conveniently provides two cystic fibrosis testing assays in one product.

Praxis Extended RAS Panel <span class=
Praxis Extended RAS Panel * 日本未発売

The first FDA-approved NGS in vitro diagnostic for evaluating RAS mutations in colorectal cancer to determine patient eligibility for treatment with Vectibix®.

TruSeq Custom Amplicon Kit Dx  <span class=
TruSeq Custom Amplicon Kit Dx * 日本未発売

A validated, FDA-regulated and CE-IVD-marked kit enabling clinical laboratories to design their own next-generation sequencing assays for use on the MiSeqDx and NextSeq 550Dx systems.


日本

生体試料から抽出した核酸分子の配列情報を解析する装置です。

米国

MiSeqDxは、装置上で体外診断(IVD)アッセイが行われている状況下で使用する場合、末梢全血またはホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織から抽出したヒトゲノムDNAから調製されたDNAライブラリーのターゲットシーケンスを目的としています。MiSeqDxは、全ゲノムシーケンスやde novoシーケンスでの使用を意図していません。MiSeqDxは、登録・記載済みの認可/承認済みのIVD試薬および解析ソフトウェアと併用されるものです。