Skip to content

Agrigenomics

農業の未来を変える

農業におけるゲノム解析、あるいはアグリゲノムと呼ばれる分野は、持続的な生産性を促進し、全世界の人口に対する食料問題にソリューションを提供します。最新のテクノロジーを利用すれば、農業および育種の研究において理想とする形質に関連した遺伝子マーカーを容易に特定でき、農業や育種の決定に必要な情報が得られます。

イルミナは、製品開発、コンソーシアムとの共同研究および研究者らとの交流を通じて、アグリゲノムの未来を切り開きます。イルミナのマイクロアレイおよび次世代シーケンス(NGS)テクノロジーは育種研究の分野で健康で生産性の高い農産物と家畜を開発するのに役立ちます。

アグリゲノミクスのブレイクスルーを促進

動植物の選抜、栄養、健康監視、トレーサビリティー、および家畜診断システムを改善できます。

ビデオを見る
動植物のゲノム
Plant and Animal Genomics

ジェノタイピングおよび次世代シーケンステクノロジーを活用し、動植物の育種、モデル生物を研究しました。

詳細はこちら

商業的農業
Commercial Agriculture

アグリゲノムを利用すれば、形質スクリーニング、マーカーアシストによる戻し交配、親子判定などの商業応用における数多くのアプリケーションが可能になります。イルミナのテクノロジーは育種研究における動植物の遺伝的メリットの評価および予測をサポートし、選抜を改善します。

詳細はこちら

農業コンソーシアム
Agriculture Consortia

イルミナはコンソーシアムプロセスを簡素化し、育種研究において研究対象の生物種のアグリゲノム関連製品の開発を促進します。メンバーがリソースを蓄積し、イルミナが調整することで、ユーザーに利益をご提供します。

詳細はこちら

アグリゲノムコミュニティ
Agricultural Community

イルミナはアグリゲノムコミュニティへの貢献に注力しており、世界中の飢餓、栄養不良、貧困などの減少を目指した革新的な研究をサポートしています。

詳細はこちら

Empowering Agrigenomics Across the Globe

“This is the most exciting time to be in genomics,” says Charlie Johnson from Texas A&M University. He, along with Chris Austin and Larry Croft from Deakin University in Australia and Ryo Koyanagi from the Okinawa Institute of Science and Technology (OIST) in Japan, discuss how the NovaSeq System is making large-scale plant and animal sequencing projects possible.

The NovaSeq 6000 is Empowering Genomics Across the Globe

Recent Agrigenomics Research Stories

Texas A&M Deploys DRAGEN
Texas A&M Deploys DRAGEN

First American Academic Institution Install for Agricultural Applications

Read Article
魚類ゲノム研究におけるターゲットリシーケンス法の有用性の検証
魚類ゲノム研究におけるターゲットリシーケンス法の有用性の検証

国立研究開発法人水産研究・教育機構<br>須田 亜弥子 先生、藤原 篤志 先生<japaneseArticle />

Read Interview
10 Years of Genomic Selection Delivers Tangible Returns for Canadian Dairy Farmers
10 Years of Genomic Selection Delivers Tangible Returns for Canadian Dairy Farmers

Productivity gains and heifer selection drive farm efficiency and competitiveness.

Read Interview

Agrigenomics Customer Stories

Improved Breeding Plans for Beef Cattle
Improved Breeding Plans for Beef Cattle

Sébastian Clairand, manager of the meat sector at Evolution and director of selection company Charolais Univers, and Antoine Chedru, a fourth-generation cattle breeder, discuss how genomic selection has increased gains in beef cattle through improved breeding plans, the ability to select for specific genes, and a quicker, better understanding of a bull’s genetic value.

How Genomic Testing Improves Dairy Cattle Herds
How Genomic Testing Improves Dairy Cattle Herds

General manager of the Canadian Dairy Network Brian Van Doormaal discusses how genomic testing can better define the value of milking cows and improve dairy herds. Brian Anderson, a fifth-generation dairy farmer, shares his own experience with genotyping cows, including doubled production, longer-lasting cows, and the significant benefits genotyping can offer in the future.

Genotyping by Sequencing in Agrigenomics

主なアグリゲノム関連製品

あらゆる動植物に対してTruSeq Genotype Neキットを用いたシーケンスによる低コストジェノタイピングを実現します。このアプローチは最大5000のマーカーを同時に調べることで、血統分析、純度試験、マーカーアシストによる選抜などの農業アプリケーションに恩恵をもたらします。

この製品について

ネロール牛のリファレンスゲノムを構築する

サンパウロ州立大学のゲノミクス分野の教授であるFernando Garcia博士は、ネロール牛(Bos indicus)のリファレンスゲノムを構築する重要性を語っています。Garcia博士は次世代シーケンステクノロジーの役割を強調し、世界中の育種の将来に向けて彼のビジョンを共有しています。

ビデオを見る
ネロール牛のリファレンスゲノムを構築する
More Agrigenomics Products & Services

アグリゲノムにおける製品とサービス

幅広いアプリケーションと生物種に対応するツールセットを備えたイルミナの製品は、農業研究において遺伝子解析のあらゆる領域の探索を後押します。研究をカスタマイズするための高いデータ品質と柔軟性が得られます。

詳細はこちら

Eメールで 製品、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。

Additional Resources

ゲノム選抜と育種
ゲノム選抜と育種

次世代シーケンサーとジェノタイピングテクノロジーが動物育種に革新をもたらします。

<em>De Novo</em>
 Genome Assembly with NRGene DeNovoMAGIC
De Novo Genome Assembly with NRGene DeNovoMAGIC

Accurate de novo assembly of complex crop genomes with NovaSeq 2 × 250 sequencing and DeNovoMAGIC bioinformatics from NRGene.

ライブラリー調製およびアレイキットセレクター
ライブラリー調製およびアレイキットセレクター

プロジェクトの種類、スタート材料、手法またはアプリケーションに基づいて、ニーズに適したキットをお探しください。

ウシのジェノタイピングで牛乳製造を改善
ウシのジェノタイピングで牛乳製造を改善

Martin DairyではBovineSNP50 BeadChipアレイによりジャージーにおける遺伝的進歩を加速しました。

テキサスにより良いステーキをもたらす
テキサスにより良いステーキをもたらす

BovineSNP50 BeadChipを用いた遺伝選抜ツールにより、44の牧場でアンガス牛のクオリティを食卓にお届けします。

ミバエの大発生をコントロール
ミバエの大発生をコントロール

米国農務省(USDA)は害虫の同定と追跡にゲノミクステクノロジーを利用しています。

シーケンスでブタウィルスをトラッキング
シーケンスでブタウィルスをトラッキング

MiSeqシステムにより新しいブタウィルスの特徴づけ、および分子的な進化と拡散について理解することができるようになりました。

ゲノムを使いトウモロコシの干ばつ耐性を改良
ゲノムを使いトウモロコシの干ばつ耐性を改良

SyngentaではHiSeq2500システムを使い、新しい交配種のトウモロコシにおける作用機序を理解しようとしています。