農作物と家畜の価値を拡大

育種の決断をサポートする探索とスクリーニング

動植物ジェノタイピング

ファインマッピングと候補遺伝子領域のジェノタイピング
ファインマッピングと候補遺伝子領域のジェノタイピング

マイクロアレイベースの動植物のジェノタイピングはファインマップの作成や、遺伝子型と表現型の仮説検証に用いることができます。量的形質遺伝子座(QTL)解析では、異なる遺伝子発現が表現型の多様性にどのように貢献するかの特徴づけのために実施することができます。

コピー数多型
コピー数多型

よくある多様性のひとつであるコピー数多型は、遺伝継承するものでもあります。アグリゲノムの分野では、CNVが重要な役割をもたらすと言われています。CNVの違いは、健康や生産性の形質と相関をもち、表現型多様性に貢献することもあります。動植物のジェノタイピング研究において、高密度プローブを配置したアレイを使うことで、CNVブレイクポイントを同定し、究極的には遺伝的な改善を迅速化させることも可能です。CNVの影響が、重要な遺伝領域のコピー数の違いによってもたらされた結果なのか、ゲノム構造の変化によるものなのか、もしくはその両方なのかを調べる研究プロジェクトが進行中です。

動植物のカスタムジェノタイピング
動植物のカスタムジェノタイピング

全ての生物種に対して、これまで遺伝的な研究をさかんに行ってきたわけではありません。そのため、ある動植物種においては、利用できるジェノタイピングアレイがない場合があります。イルミナではカスタムマイクロアレイを提供することで、興味のある生物種におけるマーカー探索を可能にし、表現型形質に関連する多型同定を行うことができます。主な農業コンソーシアムとのコラボレーションを通じて、イルミナのテクノロジーは幅広い生物種において関連する新たなマーカー同定を迅速化しています。

全ゲノム関連解析
全ゲノム関連解析

動植物のゲノム全体にわたる関連マッピングでは、(多様な環境条件などに対する)生物種の適応における遺伝座位と連鎖形質の知見を明らかにします。これらの研究結果は、全ゲノム選抜アプリケーション(フィンガープリンティング、ネットメリット、マーカーアシスト育種など)をサポートし、農作物および家畜の商業的な価値を向上します。イルミナのマイクロアレイはフォーカスコンテンツ、フルカスタムに加え、便利なAdd-onカスタム作成にも対応しています。

動植物ジェノタイピングは現在の農業研究の主流となりつつあります。イルミナのマイクロアレイは既知の遺伝子マーカーのハイスループットスクリーニングを可能にし、選抜や育種の決定に必要な情報を提供します。また、アレイベースの研究を用いれば、SNP(一塩基多型)マーカーと形質または疾患との新たな関連性を発見できます。

遺伝的バリアントから形質的特性まで
ハイスループット動植物ジェノタイピング

GeneSeekはイルミナのカスタムマイクロアレイを使用して、ウシ、ヒツジ、ブタおよびさまざまな農産物のジェノタイピングを実施しています。得られたゲノム情報は選抜育種の現場をサポートするので、農場主は収益を増加して家畜を改良できます。

インタビューを読む
ハイスループット動植物ジェノタイピング
iScanシステム
iScanシステム

ジェノタイピング、メチル化プロファイリング、および細胞遺伝学的解析などの広域なアレイ適用をサポートする、高精度スキャナー。

この製品について
iScanシステム
iSelect HD Custom Genotyping BeadChip

あらゆる生物種のターゲットを解析して、固有の研究ニーズに合わせて完全にカスタマイズしたジェノタイピングアレイを作製します。

この製品について
BovineSNP50 BeadChip
BovineSNP50 BeadChip

このマイクロアレイは主要な乳牛品種や肉牛品種のゲノム解析のための高密度な複数サンプルのウシジェノタイピングを提供します。

この製品について

Interested in receiving newsletters, case studies, and information on agrigenomics? Enter your email address.
ウシのジェノタイピングで牛乳製造を改善
ウシのジェノタイピングで牛乳製造を改善

Martin DairyではBovineSNP50 BeadChipアレイによりジャージーにおける遺伝的進歩を加速しました。

インタビューを読む
肉牛育種業界の将来
肉牛育種業界の将来

Sandhill農場では形質選抜プロセスにゲノムテクノロジーを取り入れ、より予測可能な種牛の確保を可能にしました。

インタビューを読む
よりよいコットンのためのコンソーシアム
よりよいコットンのためのコンソーシアム

研究者がコットンジェノタイピングアレイを開発し、生産者により継続的で価値のあるコットンの生産を可能にします。

インタビューを読む
最新のヒマワリ育種プログラム
最新のヒマワリ育種プログラム

ヒマワリ育種業界ではゲノムツールを活用し、育種の決定にとって重要な情報を得ると共に病気耐性を改善しました。

インタビューを読む
肉牛育種業界の将来
ライブラリー調製キットおよびアレイキットセレクター

プロジェクトタイプ、出発材料、興味のある手法に応じた最適なキットをお選びください。同様のキットを比較するか、詳細な内容をご覧ください。

最適なキットを見つける
倍数体生物のジェノタイピング
倍数体生物のジェノタイピング

イルミナのGenomeStudioソフトウェアでは、コムギやジャガイモなどの倍数体作物のジェノタイピングデータ解析をサポートします。

詳細はこちら
倍数体生物のジェノタイピング
カスタムジェノタイピングの選択肢

幅広いマーカー密度と最も柔軟性のあるコンテンツは、どの生物種でもご利用いただけます。

詳細はこちら