植物と動物のジェノタイピング

遺伝的バリアントから物理的形質まで

ゲノムバリアントから物理的形質まで

動物と植物のジェノタイピングは、近代の農業研究の中心となってきました。イルミナのマイクロアレイは、選抜と育種の決定を知らせるための、既知のゲノムマーカーのハイスループットのスクリーニングを可能にします。アレイベースの研究は、SNP(一塩基多型)マーカーと形質または疾患の間の新しい関連性を発見するためにも使用できます。

植物と動物のジェノタイピングアプリケーション

動物と植物のジェノタイピング向けのカスタムアレイ
動物と植物のジェノタイピング向けのカスタムアレイ

すべてのヒト以外の生物に遺伝学的調査が広範に行われているわけではないため、特定の動植物種の市販のジェノタイピングアレイが欠如しています。イルミナは、関心のある生物種向けに、発見されたすべてのマーカーを考慮してデザインすることができるカスタムマイクロアレイを提供しており、ジェノタイピング研究による望ましい表現型形質に関連するバリアントの同定を可能にします。イルミナの技術は、主要なアグリゲノミクス共同体との継続的な作業を通して、広範な生物種における新しい関連マーカーの同定に使用されています。

コピー数バリエーション研究
コピー数バリエーション研究

自然多様性の一般的な形態であるコピー数バリエーション(CNV)も遺伝性です。それは、アグリゲノミクスにおいて重要な役割を果たしているように思われます。CNVの違いは健康形質と生産形質に関連付けることができ、表現型の多様性をもたらします。動物および植物のジェノタイピング研究において、高濃度プローブの分布はCNVのブレークポイントの同定に使用でき、最終的にゲノム改善を加速します。CNVの影響が主要なゲノムセグメントのコピー数の違い、ゲノムの構造的変化またはその両方の組み合わせの結果なのかを判断するために、研究は現在も進行中です。

ファインマッピングと候補遺伝子領域ジェノタイピング
ファインマッピングと候補遺伝子領域ジェノタイピング

マイクロアレイベースの動物と植物のジェノタイピングは、ファインマップ形質の作成および/または遺伝子型・表現型の仮説試験に使用することができます。定量的形質遺伝子座(QTL)分析は、差次的遺伝子発現がどのように表現型バリエーションをもたらすかを明らかにするために、結果上で実行することができます。

全ゲノム関連解析
全ゲノム関連解析

動物または植物のゲノム全体にわたる関連性マッピングは、生物種の適応性(例:多種多様の環境条件に対して)に対する連鎖形質の遺伝的位置と構造を知るきっかけとなります。これらの解析の結果は、商業的な農作物と動物の群れの価値を高める全ゲノム選抜アプリケーション(例:指紋、ネットメリット、マーカー支援育種)をサポートします。イルミナのマイクロアレイは、焦点を絞ったコンテンツ、カスタム機能、便利なアドオンコンテンツ機能を提供します。

主な動物と植物のジェノタイピングについて

家畜と農作物向けのGeneSeekジェノタイピング
ハイスループットの動物と植物のジェノタイピング

GeneSeekは、遺伝子型のウシ、ヒツジ、ブタ、様々な農作物にイルミナのカスタムマイクロアレイを使用します。結果として得られる情報は、選抜育種の実践をサポートします。

続きを読む
動物のジェノタイピングが農業の未来を変革する
動物のジェノタイピングは農業の未来を転換

ジェノタイピングによって、酪農家は、必要な処理が少ない牛乳を生産する一方で、気候変動や畜産条件の変更に適応できるようになります。

続きを読む
10年間にわたるゲノム選抜はカナダの酪農家の利益を推進
10年間にわたるゲノム選抜はカナダの酪農家の利益を推進

生産性の向上と若い雌牛の選抜によって利益が推進されており、農場の効率性と競争性の向上をもたらしています。

続きを読む

動物のジェノタイピングを取り入れているお客様について

肉牛の育種計画の改善
肉牛の育種計画の改善

Evolutionの肉部門のマネージャーであり、選抜会社 Charolais UniversのディレクターであるSébastian Clairand氏と、4代目の牧畜業者であるAntoine Chedru氏が、改善された育種計画、特定の遺伝子を 選択する能力、およびより迅速で適切な雄牛の遺伝的価値の理解を通して、いかにゲノム 選抜により肉牛を増産したかについて意見を交わします。

ゲノム検査が乳牛群を改善する方法
ゲノム検査が乳牛群を改善する方法

Canadian Dairy NetworkのジェネラルマネージャーであるBrian Van Doormaal氏が、ゲノム検査により 乳牛の価値をより適切に定義し、乳牛群を改善できる方法について説明します。5代目の酪農家であるBrian Anderson氏は、倍増した生産量、長生きする乳牛、ジェノタイピングが将来提供可能な大きな利点など、乳牛のジェノタイピングにおける自身の経験を共有します。

植物と動物のジェノタイピング向けの主な製品

iScanシステム
iScanシステム

ジェノタイピング、メチル化プロファイル、細胞遺伝分析を含む、広範なアレイアプリケーションをサポートする高精度スキャナー。

製品を見る
iSelect HD Custom Genotyping BeadChip
Infinium HTS iSelect Custom Beadchip

実質的にあらゆる生物種にわたりターゲットを精査し、お客様独自の研究ニーズに合わせた完全にカスタマイズされたマイクロアレイを作成します。

製品を見る
Infinium XT
Infinium XT

Infinium XTは、最高5万の単一生物種または複数生物種のカスタムバリアントを対象とした生産規模のジェノタイピングを可能にする、包括的なマイクロアレイソリューションです。

製品を見る

アグリゲノミクスのコンテンツをもっと見る

ユーザーフレンドリーな「推奨リンク」機能を使用すると、アグリゲノムやその他の関心分野に関連するコンテンツや製品を簡単に見つけることができます。このオプションには、Illumina.comのどのページからでも、最上部からアクセスできます。

方法について

資料とツールを検索する

ワークフローのトレーニングやその他すべてを、開始から終了まで提供しています。弊社テクノロジーの学習から、データの解釈、必要なものの購入、サポートに至るまでサポートし、お客様を成功へと導きます。

詳細はこちら

ニュースレター、事例研究、アグリゲノミクスに関する情報をご提供します。ぜひご登録ください。電子メールアドレスをご入力ください。

追加リソース

ウシのジェノタイピングで牛乳製造を改善
ウシのジェノタイピングで牛乳製造を改善

Martin DairyではBovineSNP50 BeadChipアレイによりジャージーにおける遺伝的進歩を加速しました。

The Future of Beef Cattle Breeding
The Future of Beef Cattle Breeding

Sandhill Farms incorporates genomic technologies into the trait selection process to provide more predictable seed stock.

Consortium to Grow Better Cotton
Consortium to Grow Better Cotton

Researchers developed a cotton genotyping array, enabling breeders to produce more sustainable and valuable cotton.

Modern Breeding Programs for the Sunflower
Modern Breeding Programs for the Sunflower

The sunflower industry adopts genomics tools to better inform breeding decisions and improve disease resistance.

ライブラリー調製およびアレイキットセレクター
ライブラリー調製およびアレイキットセレクター

プロジェクトの種類、スタート材料、手法またはアプリケーションに基づいて、ニーズに適したキットをお探しください。

倍数体生物のジェノタイピング
倍数体生物のジェノタイピング

イルミナのGenomeStudioソフトウェアでは、コムギやジャガイモなどの倍数体作物のジ​ェノタイピングデータ解析をサポートします。

カスタムジェノタイピングの選択肢
カスタムジェノタイピングの選択肢

幅広いマーカー密度と最も柔軟性のあるコンテンツは、どの生物種でもご利用いただけます。