がんの進行を進める体細胞変異を理解する

次世代シーケンサーを使った腫瘍プロファイリングにより、多種類のがんにおいて変異を精確に同定することができます。

体細胞変異

分子プロファイリングは、がん細胞で生じる特異的な体細胞変異の同定と特性解析に欠かせません。包括的な腫瘍プロファイルと血液プロファイルは、疾患予後バイオマーカーや効果予測バイオマーカー、臨床試験に関連するバイオマーカー、または最近の臨床研究で挙げられたバイオマーカーを特定するのに有用です。

次世代シーケンサー(NGS)は、がんの体細胞変異解析の有用な方法として広く利用されてきています。NGSでは、低頻度変異であっても同定できる高い精度、使いやすさ、そして精確なデータが得られます。これらの利点により、臨床がん研究におけるNGSの利用がますます進んでいます。

腫瘍学
固形癌

固形癌のターゲットシーケンスでは、非常に不均質な組織であっても、がんと関連付けられている体細胞変異を同定することができます。肺がん、大腸がん、乳がん、メラノーマ、胃がん、卵巣がんなどの固形癌に関連付けられているあらゆる遺伝子を包括的に評価します。

詳細はこちらから
血液がん

骨髄性悪性腫瘍やリンパ系腫瘍などの液性腫瘍の多くでは、固形がんとは異なる体細胞変異が見られます。血液がんの分子プロファイリングでは、関連付けられているすべての遺伝子を評価し、一度に全クラスの遺伝子変異を検出します。

詳細はこちらから
全がんプロファイリング

がんはそれぞれ違いますが、多くで共通のドライバー変異が見られます。全がんプロファイリングでは、発生母地にかかわらずあらゆる種類のがんで関連のある体細胞変異を検出します。

詳細はこちらから

電子メールにてがんゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。