がんにおけるエピジェネティクスの変化を特徴づけ

腫瘍パスウェイとがん進行に洞察をもたらすがんエピジェネティクス手法

がんエピジェネティクス

がん細胞では、メチル化や転写因子の結合などにおけるエピジェネティクスの変化がしばし起こります。エピゲノムの変化は遺伝子発現にも影響を及ぼし、重要な腫瘍パスウェイやがん進行率における洞察をもたらすことがあります。

次世代シーケンシンサー(NGS)とマイクロアレイの技術は、メチル化のパターンの同定およびがんにおける他のエピジェネティクスの変化を検出することができます。

Oncology

メチル化異常は、がんにおけるエピジェネティクスに共通する特徴の一つです。 NGSによるメチル化解析によって、研究者はメチル化ゲノムをシーケンスすることで、メチル化のパターンを同定しトラッキングすることができます。

メチル化シーケンスの詳細はこちら
がんにおけるエピジェネティクスによる腫瘍形成のトラッキング

トランスクリプトーム、エピゲノム、およびエピトランスクリプトームのシーケンスによる腫瘍形成のトラッキング法について、Dr. Christopher Masonが解説します。

ビデオを見る

アレイによるメチル化解析 では、ゲノムワイドな関連解析を実施でき、鍵となるがん遺伝子およびパスウェイのエピジェネティクスな変化を捉えることができます。

メチル化アレイの詳細はこちらから
乳がん診断の何年も前に平均メチル化レベルが下がっていたことが、研究により明らかに

血液サンプルに関する研究で、エピゲノムワイドな低メチル化の変化が乳がんリスクを予測する場合があることが確認されました。

論文を読む
ChIP-Seqおよびマイクロアレイにより、Sox9制御のがん特異的な遺伝子ネットワークを解明

腫瘍の惹起と浸潤に関連するSox9制御の分子機構が、研究で確認されました。

論文を読む

結合転写因子の変化は、がんにおける共通のエピジェネティックスのパターンです。クロマチン免疫沈降 (ChIP)実験は、自分が興味を持つタンパク質がどのDNA領域と作用しているかの全体像をみることが可能です。

ChIP-Seqの詳細はこちらから

電子メールにてがんゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。

Infinium HumanMethylation450 BeadChip アレイ
  • サンプルあたり48.5万を上回るメチル化サイトを1塩基の解像度で解析
  • 専門家による選定コンテンツ
  • FFPEサンプルに対応
詳細について
iScan アレイスキャナー
  • 高サンプルスループット
  • 業界をリードするデータ品質
  • 複数のアプリケーションに使える柔軟性
  • 自動化に関する互換性
詳細について
TruSeq DNAメチル化キット
  • 50ng~100ngのDNAインプットによる全ゲノムバイサルファイトシーケンス
  • CpG、CHH、およびCHG領域もカバー
  • さまざまなサンプルにフル対応
詳細について
Image
メチル化解析法ガイド

癌におけるエピジェネティクスのメチル化パターン解析用アレイおよびシーケンスのための総合ガイド

PDFを読む
Image
がん研究のためのゲノムテクノロジー

シーケンスおよびアレイによって、癌におけるエピジェネティクスに関する理解を深化させる方法をご説明します。

PDFを読む
Image
がん研究論文集

イルミナテクノロジーを利用した最新のがん研究論文の概要。

PDFを読む
Image
腫瘍および免疫系研究論文集

腫瘍細胞および免疫系間の相互作用を探索した最新の研究論文の概要。

PDFを読む
カロライナ乳がん研究プロジェクトにおける乳がん腫瘍プロモーターメチル化人種間の変異についての報告

腫瘍とPBLに対してイルミナのメチル化アレイを使い、アフリカ系アメリカ人と非アフリカ系アメリカ人女性間における乳がん腫瘍発達の違いを同定しました。

詳細はこちらから
原発および転移コンパートメントにおいても髄芽腫サブグループは維持

髄芽腫サブグループの分類のためにメチル化フィンガープリンティングが使われました。

詳細はこちらから
前立腺がんのバイオマーカー:次世代テクノロジー

前立腺がんにおける最近のエピジェネティクス探索のレビューでは、診断、区別化、モニタリングにおけるバイオマーカーの可能性に触れています。

詳細はこちらから