ゲノムワイドなDNAメチル化研究のための包括的なカバレッジ

メチル化マイクロアレイを用いて、単一ヌクレオチドの分解能でゲノム全体のメチル化部位を定量的に調べる

メチル化アレイ解析

メチル化アレイは、ゲノム全体の選択されたメチル化部位の定量的調査を可能にし、サンプルあたりのコストを最小限に抑えるハイスループット機能を提供します。アレイベースのメチル化研究は、遺伝子発現の制御に関する貴重な洞察を提供することができます。DNAメチル化により、細胞はウイルスおよび非宿主DNAエレメントの発現を抑制し、環境刺激への応答を促進します。異常なDNAメチル化(過剰メチル化または低メチル化)とその遺伝子発現への影響は、多くの生物学的プロセスや疾患に関与しています。

メチル化マイクロアレイは、包括的なカバレッジとハイスループット機能を組み合わせています。利点:

  • 以下のようなメチル化の専門家が要求するコンテンツカテゴリーの包括的なゲノムワイドカバレッジ: 
    • CpGアイランド
    • 非CpG部位とメチル化部位の違い
    • エンハンサー
    • オープンクロマチン
    • 転写因子結合部位
    • miRNAプロモーター領域
  • アッセイの再現性
    • > すべてのイルミナInfiniumメチル化アレイのテクニカルレプリケート間の再現性は98%
  • ユーザーフレンドリーで合理化されたワークフロー
  • 多くのメチル化アレイはFFPEサンプルでの使用が検証されています
アレイをレビューするラボ技術者
動画を視聴

イルミナメチル化アレイ

Infinium Methylation Assayでは、単一ヌクレオチドの分解能でCpG部位を調べることができ、DNAメチル化の非常に堅牢な測定値が得られます。キュレーションされたゲノムワイドアレイから1つ選択するか、ターゲットアプリケーション向けに独自のマイクロアレイを設計してください。

ヒトメチル化EPIC BeadChip

このアレイは、エピゲノムワイド関連解析(EWAS)、腫瘍プロファイリング、およびさまざまな細胞生物学実験に最適です。99%のRefSeq遺伝子、95%のCpGアイランド、エンハンサー領域の高いカバレッジ、その他のコンテンツカテゴリーなど、専門家が選定した包括的なカバレッジを提供します。Infinium HumanMethylation450Kのオリジナルコンテンツの>90%をカバーしたMethylationEPICキットは、次世代のエピジェネティクス研究をサポートします。 HumanMethylation450K

マウスメチル化BeadChip

Mouse Methylation BeadChipは、EWASや、健康な組織や疾患組織におけるメチロームを探索するその他の実験に使用できます。MethylationEPIC BeadChipと同様に、Mouse Methylation BeadChipは、CpGアイランド、エンハンサー領域、転写開始部位、およびメチロームのその他の重要な領域をターゲットとするプローブにより、ゲノムワイドなカバレッジを提供します。

HTS iSelect Methyl Custom BeadChip

Custom Methylation Beadchipsは、ターゲットを絞った研究や商業用途に究極の柔軟性とコスト削減を提供します。カスタムビーズチップは、さまざまなアプリケーション用に3,000~100,000マーカーで設計できます。ハイスループットの24サンプルビーズチップは、Infiniumアッセイで提供されるのと同じ堅牢なメチル化測定を維持しながら、サンプルおよび処理あたりのコストを削減します。

当社のメチル化アレイは、合理化されたワークフローに従っており、少ないサンプルインプット(わずか250 ng)から同時に最大96のサンプルの処理が可能です。

これらのメチル化マイクロアレイは、単一CpG部位レベルでの定量的測定を提供し、エピジェネティックな変化を理解するために強力な分解能を提供します。

以下のをクリックしてワークフローの各ステップで使用する製品をご覧ください。

MethylationEPIC BeadChip

CpGアイランド、遺伝子、エンハンサーを幅広くカバーし、FFPEとの互換性を備えた堅牢なメチル化プロファイリングマイクロアレイ。エピゲノムワイド関連解析やその他の実験に使用します。

Infinium Mouse Methylation BeadChip

多様なマウス系統の高解像度エピジェネティック解析用のメチローム全体で>285,000個のマーカーを備えています。

Infinium Custom Methylation Kit

お客様の特定のニーズに合わせてオーダーメイドのハイスループットアッセイを作成します。このアレイの柔軟性と特徴により、幅広いエピジェネティックアプリケーションに対応する強力なツールとなっています。

iScanシステム

ハイスループットのBeadChip処理をサポートし、数百から数千のサンプルを素早く正確にスキャンします。

GenomeStudioソフトウェアとメチル化モジュール

Infiniumコントロールを視覚化して、品質処理を確保し、DNAメチル化ビーズチップデータの基本解析を実行します。

精神神経疾患の遺伝子を探る
神経精神疾患の遺伝学

Kristen Brennand博士が、メチル化アレイデータを幹細胞のDNAおよびRNAシーケンスデータと統合することで、疾患に関連する遺伝子とパスウェイを同定する上でどのように役立つかについて説明します。

ウェビナーを視聴する
脳腫瘍と肉腫のためのDNAメチル化分類法
がん細胞とDNA

Matija Snuderl博士は、固形腫瘍、特に脳腫瘍と肉腫の分類の精度を向上させるための機械学習とエピジェネティックシグネチャーの使用に関する博士のチームの研究について説明しています。

ウェビナーを視聴する
メチロームと臨床転帰

Kathleen C. Barnes博士は、遺伝性疫学者としての彼女の仕事、COVID-19が彼女の研究計画にどのような影響を与えたか、メチル化アレイが感染症の研究に新たな次元をどのように加えたかについて語っています。

インタビューを読む
口腔がんの遺伝学的根拠

研究者は、RNA-Seqおよびその他のNGS法とともにメチル化アレイを使用して、致死的な口腔がんに関連する遺伝子変異を同定します。

インタビューを読む
エピジェネティクス研究で肥満によるメチル化シグネチャーを発見

レスター大学のSamani博士は、メチル化アレイを使用して、高いBMIと関連する細胞シグナル伝達の破壊を特定します。

インタビューを読む
複雑な疾患研究
複雑な疾患研究のためのメチル化プロファイリング

メチル化アレイの研究により、研究者は複雑な疾患における職場での機能メカニズムを理解することができます。イルミナは、これらの疾患を研究する研究者に補完的なソリューションを提供しています。複雑な疾患研究の詳細はこちら

エピジェネティクスとがん
がんエピジェネティクス

イルミナのアレイおよびシーケンスソリューションは、腫瘍形成経路やがんの進行に対する洞察を提供する、メチル化パターンの変化やエピジェネティックな変化の検出に最適です。がんエピジェネティクスの詳細はこちら。

中枢神経系腫瘍のDNAメチル化に基づく分類。

Nature  555  469-74  2018

記事を読む

臨床エピゲノミクス:メンデル性疾患の診断のためのゲノムワイドDNAメチル化解析。

医学における遺伝学  23  1065-74  2021

記事を読む

宿主メチル化はSARS-CoV-2感染と臨床転帰を予測します。

Commun Med 1(1):42  124-29 2021

記事を読む
Interested in receiving newsletters, case studies, and information on genomic analysis techniques? Enter your email address.

メチル化シーケンス
メチレーションシーケンス

メチル化シーケンスアプローチは、エピゲノム変化の評価においてより高い密度と柔軟性を提供します。

詳細はこちら
マイクロアレイサービス
マイクロアレイサービス

イルミナの専門家がメチル化アレイとジェノタイピングサービスを提供しています。

詳細はこちら
メチル化アレイデータ解析
メチル化アレイデータ解析のヒント

イルミナのメチル化アレイデータを解析するための高度なアプローチをご覧ください。

詳細はこちら
メチル化解析法ガイド
メチル化フィールドガイド

メチル化アレイやシーケンスアプローチなど、シトシン修飾の検出に使用されるさまざまな手法を探索します。

ガイドを読む