Skip to content

メチル化シーケンス

メチル化シーケンスの利点

メチル化シトシンは時間的および空間的遺伝子発現ならびにクロマチンリモデリングを大きく変化させます。全ゲノムバイサルファイトシーケンス(WGBS)は、次世代シーケンス(NGS)とゲノムワイド解析の能力を活用し、一塩基単位の解像度でゲノム網羅的にメチル化パターンの包括的な見解を提供します。

Advantages of methylation sequencing:

  • ゲノム全体のCpG、CHH、およびCHG領域すべてのメチル化パターンを検出します
  • 少量のDNAでサンプル多様性の全体像を捉えます
  • ほとんどの種でゲノムのほぼすべてのシトシンのメチル化を確認できます
Advancing DNA Methylation Studies with NGS

This eBook discusses genomics applications in gene expression and regulation research. See how workflows can impact study results.

Download Now
Whole Genome Methylation Coverage

サンプル全体をシーケンス – 情報のロスをゼロへ

多くのアプローチが高品質および高感度のNGSをメチル化解析に活用しています。ほとんどの方法が、非メチル化シトシンの検出で、DNAのバイサルファイト変換に頼っています。バイサルファイト変換は、ライブラリー調製中に非メチル化シトシンをウラシルに変化させます。変換された塩基はシーケンスデータでチミンと同定され(PCR後)、リード数を使用してメチル化シトシンの割合が測定されます。

バイサルファイト変換シーケンスは、アンプリコンメチル化シーケンスなどのターゲット法、または全ゲノムバイサルファイトシーケンス(WGBS)により行うことができます。さらに、メチル化(5-mc)解析とともにヒドロキシメチル化(5-hMc)の同定に、NGSでTAB-SeqやOxBSのような代替ケミストリーを使用できます。

メチル化解析の方法に関する詳細については、『Field Guide to DNA Methylation Analysis』をご参照ください。ガイドはこちらから

メチル化シーケンスワークフロー

イルミナの1塩基合成反応(SBS:sequencing by synthesis)ケミストリーは最も広く採用されているNGSテクノロジーであり、世界中のシーケンスデータの約90%以上がこのテクノロジーを利用して産出されています。*

業界をリードする技術に加えて、イルミナはメチル化シーケンスでのライブラリー調製からデータ解析まで、サポートされた完全なワークフローを提供します。

以下のをクリックしてワークフローの各ステップで利用できる製品をご覧ください。

「NGSでできること」を網羅した冊子、アプリケーションガイド

ライブラリー調製から解析用シーケンサーの選択まで、お客様に必要な情報がすべて入っています。 お客様のラボに最適なツールを選択してください。

PDFをダウンロード
「NGSでできること」を網羅した冊子、アプリケーションガイド

関連ソリューション

がんにおけるエピジェネティクス変化

ここではTP53におけるIndel、および1番と8番染色体の間で起こっている転座などのがんにおける変化を紹介しています。がん細胞では、メチル化や転写因子の結合などにおけるエピジェネティクスの変化がしばし起こります。がんエピジェネティクス >>

複雑な疾患のメチル化プロファイリング

ゲノムワイドなメチル化プロファイリングにより、複雑な疾患症例における機能的なメカニズムの理解につながります。シトシンメチル化異常は遺伝子発現に影響し、アルツハイマー病や喘息など多くの疾患経過に関与しています。メチル化プロファイリング >>

関連論文

The DNA methylation landscape of Chinese hamster ovary (CHO) DP-12 cells.

J Biotechnol 199 38-46 2015

Single-cell DNA methylome sequencing and bioinformatic inference of epigenomic cell-state dynamics.

Cell Rep 10 1386-97 2015

Transient acquisition of pluripotency during somatic cell transdifferentiation with iPSC reprogramming factors.

Nat Biotechnol 33 769-74 2015

電子メールにてゲノム解析研究手法における最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。

その他のリソース

Peter Laird: Epigenetics, DNA Methylation, and Arrays
Peter Laird: Epigenetics, DNA Methylation, and Arrays

Peter Laird, PhD, discusses his studies of epigenetics and the role DNA methylation may play in contributing to cancer.

全ゲノムバイサルファイトシーケンスライブラリー調製
全ゲノムバイサルファイトシーケンスライブラリー調製

DNAメチル化の効率的なナノグラムスケールのライブラリー調製、シーケンス、および解析

中毒におけるエピジェネティクスの貢献
中毒におけるエピジェネティクスの貢献

Marilee Morganがエピジェネティックな印と薬物乱用者の脳の画像スキャンを関連付けるNGSの使用について紹介します。

Methylation and Metastasis
Methylation and Metastasis

Researchers investigate the epigenetics behind cancer metastasis using DNA methylation microarrays and NGS.

Fraz SyedによるWGBSでのライブラリー調製
Fraz SyedによるWGBSでのライブラリー調製

イルミナの研究者Fraz Syedが、全ゲノムバイサルファイトシーケンスでのライブラリー調製を説明します。

DNAメチル化コーリング用 MethylSeq アプリ
DNAメチル化コーリング用 MethylSeq アプリ

NGSメチル化データ解析用のこのバイオインフォマティクスソリューションの詳細はこちらから。

*Data calculations on file. Illumina, Inc., 2015