このパートナーシップ
で個別化医療の実現を目指します

コンパニオン診断ソリューションの開発は、がんの未来を変えることを目指しています

がんコンパニオン診断

次世代シーケンサー(NGS)の分野で認められているリーダーであるイルミナは、腫瘍学における発見とパイプライン開発のすべてのフェーズで役立つ、最先端のゲノムシーケンスシステムとサービスのポートフォリオを持っています。イルミナは世界中のNGS機器の最大の設置基盤を支援する、独特な立場にあります。1 事実、これまで産生された全シーケンスデータの約90%がイルミナの技術を使ったものでした。* これは、がんコンパニオン診断薬(CDx)の開発加速に役立つパートナーを選択する際に、自信を持って信頼できる経験の記録です。

イルミナは、一連の単一遺伝子検査から、マルチアナライトアプローチまでの腫瘍プロファイリングを合理化して変革させる、包括的なNGSソリューションを提供し、腫瘍の遺伝子環境についてより包括的な全体像が得られるようにします。そのような知識は、臨床試験で評価すべき候補物質を、より素早く、より経済的に同定するのに役立ちます。イルミナは、一流の製薬会社とバイオテクノロジー会社、および腫瘍学コミュニティーと連携して、このクラスで最善の療法のためのコンパニオン診断薬を開発しています。がんの新薬開発に関連した、すぐに利用できる新規のバイオマーカーの包括的セットに焦点を合わせています。

詳細はこちら
腫瘍学

NGSを使用したがん研究における発見の一部は、世界中の分子診断研究室で現在使われている、コンパニオン診断と薬事未承認検査法(LDT)の基礎となってきました。これらの研究室は現在、NGS腫瘍学検査の規制と保険料払い戻し戦略の発展の局面に直面しています。

数人のキーオピニオンリーダーたちと、腫瘍学試験における NGS の現行課題と可能性について意見交換しました。

インタビューを読む
分子診断ラボにおけるNGS導入の変遷
電子メールにてがんゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。電子メールアドレスを入力してください。
参考文献
  1. Nakazato T, Ohta T, Bono H. Experimental design-based functional mining and characterization of high-throughput sequencing data in the sequence read archive.PLoS One. 2013;8:e77910.

* 2013年の試験から得られた社内資料。