がん研究におけるブレークスルーの推進

がんの原因となる変異を包括的に把握するための正確な次世代シーケンサー(NGS)

がんのシーケンス法

次世代シーケンサー(NGS)法を使用したがんシーケンスは、従来の単一遺伝子およびアレイベースのアプローチと比較して、より短い時間でより多くの情報を提供します。NGSにより、研究者は全ゲノム研究、ターゲット遺伝子プロファイリング、腫瘍と正常サンプルの比較などを行うことができます。また、NGSは、まれな体細胞バリアント、腫瘍サブクローン、循環DNA断片を検出する感度も備えています。

腫瘍学
がん全ゲノムシーケンス

腫瘍組織に見られる固有の変異の全体像をご覧ください。

詳細はこちら
がんエクソームシーケンス

費用対効果の高い方法で、がんに関連するコーディングバリアントを同定します。

詳細はこちら
ターゲットがんシーケンス

がんとの関連が知られている遺伝子またはゲノム領域のシーケンスにフォーカスします。

詳細はこちら
がんRNAシーケンシング

新規転写物を同定するか、腫瘍でどの遺伝子が過剰発現または過少発現しているかを判定します。

詳細はこちら
血中循環腫瘍DNA(ctDNA)シーケンス

NGSは、研究者が血中微量のctDNAを検出するために必要な感度と特異性を提供します。

詳細はこちら

注目のがんシーケンス研究

 
タバコの葉
口腔がんの遺伝的基盤を探る

研究者は、さまざまながんシーケンス法を使用して、致命的な口腔がんに関連する体細胞バリアント、メチル化異常、およびその他のゲノム変異を明らかにします。

論文を読む
がんドライバー遺伝子を探す
がんドライバー遺伝子発現の手がかりを探す

ctDNAサンプルの全ゲノムシーケンシングでは、研究者はヌクレオソームパターンを分析し、がんドライバー遺伝子の遺伝子発現状態を推測できます。

記事を読む
がんにおける長鎖ノンコーディングRNAの役割
がんにおける長鎖ノンコーディングRNAの役割の解読

研究者はRNAシーケンスを利用し、lncRNAを使用してがんを同定、測定、治療できる方法を明らかにしています。

論文を読む
イルミナのがんメソッドガイド

がん研究のための新しいメソッドガイド(2021年版)

本ガイドは、新しい研究成果やソリューションを紹介し、がん研究の幅広いアプリケーションに対応するNGSベースおよびマイクロアレイのワークフローの概要を説明する包括的なガイドです。さまざまな方法とその利点、潜在的なアプリケーション、および各ワークフローのステップバイステップのガイダンスについて学習します。

無料ガイドをダウンロード
Patient Success Story: Beating Stage IV Lung Cancer
Patient Success Story: Beating Stage IV Lung Cancer

AJ Patel had six months to live. Eight years later, he tells us how biomarker testing changed everything.

Read Article
Whole Genome Sequencing Gives Scientists a Detailed Map of Cancer Mutations
Whole Genome Sequencing Gives Scientists a Detailed Map of Cancer Mutations

Dr. Serena Nik-Zainal, a clinical geneticist, and her team at the University of Cambridge are studying how cancer genome profiling could help clinicians better fight the malignancies.

Read Interview
Early Cancer Detection for Dogs is Here
Early Cancer Detection for Dogs is Here

San Diego-based molecular diagnostics company PetDx wants to help your four-legged friend

Read Article
がんに特化したコンテンツと製品をさらに見る

ユーザーフレンドリーな「推奨リンク」機能を使用すると、がん研究やその他のさまざまな分野に関連するコンテンツや製品を簡単に見つけることができます。このオプションには、Illumina.comのどのページからでも、最上部からアクセスできます。

方法について
ピペットを操作しコンピュータを見るサイエンティスト
画像
限られたまたは低品質の腫瘍サンプルのシーケンス

ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)検体および限られた(針生検または吸引)検体由来の腫瘍DNAの分析を容易にするソリューションを見つけましょう。

詳細はこちら
画像
腫瘍のアクショナブル変異の検出

ワグル(Wagle)らは、ハイスループットシーケンスによる腫瘍サンプルのゲノム変異の検出を実証しました。

記事を読む
電子メールにてがんゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。
サインアップ
画像
がん研究論文集

イルミナテクノロジーを利用した最新のがん研究論文の概要

PDFを読む
画像
がんおよび免疫系の研究論文集

腫瘍細胞と免疫系との相互作用を探索する最新のがん研究論文の概要

PDFを読む