このパートナーシップは
私的なものです

明日のがん研究のブレークスルーのための今日のゲノムソリューション

腫瘍学

次世代シーケンサー(NGS)を使用した腫瘍学ポートフォリオの拡大は、イルミナによるがんゲノム分野での革新を推進します。当社のNGSとマイクロアレイテクノロジーは、世界で最も信頼されている技術の一つです。当社のサンプルからデータにわたるソリューションは、がん関連バリアントの発見と解析の速度を高め、がん治療のサイクルを一新しうる、高品質かつ再現性のある結果をお届けします。

当社は、がんの同定法や治療法の進歩と個別化に尽力しています。皆さんと提携関係を築き、腫瘍学分野の個別化治療における進展をお手伝いしていきたいと考えます。皆さんとの協力を通して、当社はがん患者さんやご家族のために人生を一変させる発見をする、という究極の目標の達成に向けて取り組むことができます。

腫瘍学
画像
がんゲノム研究

研究の質の改善のために ゲノミクス技術の先を進み続けます。

詳細はこちら
画像
病理学と臨床がん研究

シーケンス能力を拡大し、精度と研究室の潜在的な影響力を高めます。

詳細はこちら
画像
腫瘍学分野におけるNGSの将来

NGSががん治療や転帰をどのように改善できるかをご覧ください。

詳細はこちら
画像
がんコンパニオン診断

コンパニオン診断 能力のパワーと可能性を高めます。

経験

このウェビナーでは、MDアンダーソンがんセンターのSwetha Anandhan氏が、免疫チェックポイント阻害剤による治療後も持続する多形性膠芽腫におけるマクロファージのユニークな集団を、シングルセルRNAシーケンスを用いて特定したことに触れています。

ウェビナーを見る
膠芽腫
電子メールにてがんゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。電子メールアドレスを入力してください。