腫瘍の免疫原性および免疫療法について理解を深めるために

腫瘍やその微小環境について効率的に、幅広く、詳細な評価が行えるNGS手法

がんの免疫療法研究

腫瘍がどのように自然免疫反応を回避するかについて詳細な理解が進むにつれ、がん免疫療法(イムノオンコロジー)は、新たな分野としてがんとの闘いにおいて大きな進歩を遂げています。がん免疫療法を牽引する主要な研究者たちは、NGSテクノロジーを利用して個別化医療のアプローチに適した新たな解析用ツールを発見しています。

腫瘍が免疫反応を阻害する機序に関する研究では、環境の変化にある不均一な腫瘍を完全に特性付けることにより、治療に対する腫瘍の反応に何が影響を及ぼすかについて継続的に手掛かりが得られているため、有望な治療標的が見つかっています。

ゲノムに基づいた手法によって新たな情報が豊富に得られることで、免疫系の能力を高めてがんの変異を標的にしたり、腫瘍の能力を制限して自然免疫反応を回避するなど、免疫反応の操作が有望な治療法につながっています。

腫瘍および免疫系研究論文集
進歩するがんの免疫療法研究

主な患者反応と関連する可能性があるバイオマーカーの同定を科学者たちが重ねていくにつれて、免疫療法研究は大きな成長を見せています。NGSのスループット能力によって、この研究がどのように進歩しているかをご覧ください。

View Infographic
がん免疫研究の戦線:がんと闘うための力を体内に蓄える

19世紀後半、がん免疫研究の分野では免疫システム、およびがんの発生、進行、治療について研究されてきました。一世紀以上にわたる数々の発見に導かれ、この10年間で急速にがん免疫研究の成果が新しい治療法へとつながり、その多くは前例のない成功を収めました。

ビデオを見る
がん免疫研究の現場のビデオ

有望な治療法の新たな進化に伴い、がんの免疫療法を適切に行う手引きとなりうるバイオマーカーの検出に対するニーズも増えています。NGSは、腫瘍増殖や治療に反応して発現する免疫マーカーをリアルタイムで高感度にモニターし、がんゲノムの綿密な解析を行い、免疫レパートリーを効率的に評価することができます。

がんの予後に関して情報を提供する間質細胞に特異的なシグネチャーについて

IRCCSの研究者は、遺伝子発現解析を行って間質細胞が原因となる大腸がんのトランスクリプトームを同定しています。

インタビューを読む

がんのエクソームシーケンスまたはトランスクリプトームシーケンスを行うことにより、腫瘍が免疫反応を回避する能力の特定や、T細胞媒介性の免疫を高める新生抗原の同定に役立つと考えられる突然変異に関する重要な情報が得られています。ターゲットシーケンス法は、全ゲノムシーケンス法に代わる効率的で、コスト効率のよい手法です。

無料DL がんを標的とした免疫系の研究に利用されるNGS

新たな分野として期待される免疫療法研究および研究を推進させるNGSの利用法についての概要。

PDFをダウンロード

特定の療法に対する腫瘍反応は、突然変異荷重、エピジェネティクス、腫瘍の微小環境、そして微生物叢など、数多くの要因に影響されることが明らかとなっています。このようにダイナミックな相互作用をNGSに基づいたいくつかの手法でリアルタイムに高感度な解析を行ってモニターし、適切な療法の開発に活用することができます。

特集冊子:Cancer Immunotherapy Research

がんおよび免疫学研究のほか、個別化免疫療法の開発における高スループットシーケンスの注目すべき利用例をご紹介します。

Cancer ImmunoTherapy Research を読む

イルミナでは、がん免疫研究に対応したデータ解析オプションが利用できるライブラリー調製およびシーケンスオプションを複数ご用意しています。効率化されたワークフローとフレキシブルなキット構成で、さまざまな研究デザインに対応しています。

世界中で得られるシーケンスデータのおよそ90%が、傑出したデータ品質を実現するイルミナの1塩基合成(SBS)ケミストリーに基づいて産出されています。*

下のをクリックすると、ワークフローの各ステップで使用する製品が確認できます。

TruSeq Exome

TruSeq Exomeライブラリー調製キットは、非常に高い精度を誇るコスト効率のよいライブラリー調製およびエクソーム濃縮ソリューションです。

Nextera Rapid Capture Exome and Expanded Exome Kits

わずか4Gbのデータ量で、ライブラリー調製とエクソーム濃縮がたった1.5日で行えます。

RNA Access

TruSeq RNA Accessライブラリー調製キットは、少量サンプルや低品質サンプルから抽出したヒトRNAの解析が低コストで行えるソリューションです。

NextSeqシリーズ

フレキシブルな構成で、ランあたり最大12エクソームをサポートした解析が可能です。

HiSeq 2500システム

ランあたり数十から数百ものがんエクソームのシーケンスが行える最大のスループットが特長です。

HiSeq 3000/HiSeq 4000システム

整列化フローセルテクノロジーにより、高スループット、1サンプルあたりの低コスト、および高速度、高性能を実現しました。

NovaSeqシリーズ

ほぼすべてのゲノム、シーケンス手法、およびプロジェクト規模に対応したスケーラブルなスループットと柔軟性。

BaseSpace RNA-Seq App

がん免疫に関わるフィルターを使ったRNAシーケンス解析が行えます。

Isaac Enrichment App

Isaac Genome Alignment SoftwareとIsaac Variant Callerを使ったエクソームデータ解析が行えます。

腫瘍および免疫系
腫瘍および免疫系

注目を集める免疫チェックポイント阻害剤を始めとする、新たながん治療のアプローチのがん免疫療法。

PDFをダウンロード
がん免疫研究の進歩に対応する
がん免疫研究の進歩に対応する

NGSテクノロジーによりバイオマーカーの同定を加速し、被験者のスクリーニングや安全性モニタリングのためのコストを抑えることが可能です。

ウェビナーを見る
NGSを利用したクロマチンのランドスケープ調査
NGSを利用したクロマチンランドスケープの調査

スタンフォード大学の研究者が、エピゲノムとエピゲノムががんや免疫疾患に及ぼす影響を理解するために新たなシーケンス法を開発しています。

インタビューを読む
電子メールにてがんゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。
Sign Up
がん研究向けの高スループットゲノム技術
がん研究向けの高スループットゲノム技術

腫瘍生物学におけるゲノムテクノロジーのさまざまな利用法をご覧ください。

PDFを入手する
がんおよび免疫疾患の原因となるウイルスの正体を暴く
がんおよび免疫疾患の原因となるウイルスの正体を暴く

Karolinska InstituteのDr. Emilie Hultinと研究チームは、イルミナのシーケンサーを用いて、非黒色腫性の皮膚がんに関連する新種のHPVを同定しています。

インタビューを読む
NGSを利用したがん免疫療法でのインフォマティクスアプリケーション
NGSを利用したがん免疫療法でのインフォマティクスアプリケーション

インフォマティクスツールの改良により、新生抗原の発見や腫瘍微小環境の解析が可能になっています。

テクニカルノートを見る
がん免疫療法と微生物叢の役割
がん免疫療法と微生物叢の役割

最新の免疫療法では、腸内微生物叢の構成によってその効果が決まります。

ビデオをみる

*Data calculations on file.Illumina, Inc., 2015