腫瘍の免疫原性および免疫療法について理解を深めるために

腫瘍やその微小環境について効率的に、幅広く、詳細な評価が行えるNGS手法

がん免疫研究

腫瘍がどのように自然免疫反応を回避するかについて詳細な理解が進むにつれ、免疫腫瘍学(イムノオンコロジー)は、新たな分野としてがんとの闘いにおいて大きな進歩を遂げています。がん免疫研究を牽引する主要な研究者たちは、NGSテクノロジーを利用して免疫療法応答要因を研究し、バイオマーカーを発見し、個別化免疫療法にゲノミクスを応用しています。

腫瘍が免疫反応を阻害する機序に関する研究では、有望な治療標的が見つかっています。このような療法は、がんを標的とする免疫系の能力を高めるか、免疫反応を回避する腫瘍の能力を制限するものです。さらに、NGSは、腫瘍環境で活性化し、がん細胞の増殖、生存、侵入、および転移などのプロセスに関与するパスウェイを特定するのに役立ちます。  

進歩するがんの免疫療法研究

NGSの高いスループット能力によって、免疫腫瘍学におけるバイオマーカー同定がどのように進歩しているかをご覧ください。

インフォグラフィックはこちら

注目のがん免疫療法研究

 
発生生物学と免疫療法の融合

シンガポールがん科学研究所のGuo-Liang Chew博士が、がんに対する免疫反応の制御における発生遺伝子の新しい役割について話すのをお聞きください。

ポッドキャストを聞く
腫瘍特異的HLAリガンドを用いた免疫療法

NGSを用いたRNA-SeqとHLAタイピングは、Immaticsのターゲットディスカバリープラットフォームを支えています。

インタビューを読む
がんおよび免疫系の研究論文集

ハイスループットなシーケンサーは、がんや免疫学の研究、および個別化免疫療法の開発において、顕著な有用性を示しています。

レビューを読む

MDアンダーソンがんセンターのSwetha Anandhan医師は、チェックポイント阻害免疫療法を回避する悪性細胞の能力を強化するメカニズムについて研究しています。免疫チェックポイント阻害剤による治療後も持続する多形性膠芽腫におけるマクロファージのユニークな集団を、シングルセルRNAシーケンスを用いて特定しました。

ウェビナーを見る

がん免疫研究におけるRNA-Seqの利点

トランスクリプトーム解析は、がん免疫療法研究の進展に貢献しています。このホワイトペーパーでは、57の腫瘍組織サンプルの定量分析において、ハイブリダイゼーションに基づくデジタルカウント法(Nanostring Technologies)と比較したIllumina TruSeq RNA Exomeの性能を実証しています。

ホワイトペーパーを読む

イルミナでは、がん免疫研究に対応したデータ解析オプションが利用できるライブラリー調製およびシーケンスオプションを複数ご用意しています。効率化されたワークフローとフレキシブルなキット構成で、さまざまな研究デザインに対応しています。

世界中で得られるシーケンスデータのおよそ90%が、傑出したデータ品質を実現するイルミナの1塩基合成(SBS)ケミストリーに基づいて産出されています。*

以下のをクリックしてワークフローの各ステップで使用する製品をご覧ください。

TruSight Oncology 500

低品質のサンプルでも、腫瘍変異負荷(TMB)やマイクロサテライト不安定性(MSI)など、複数のバリアントタイプをターゲットにしたアッセイ。

TruSeq RNA Exome

TruSeq RNA Exomeライブラリープレップキットは、FFPEを含む限られたサンプルや低品質のサンプルから分離したヒトRNAを低コストで解析するためのソリューションです。

TruSeq DNA Exome

TruSeq DNA Exomeは、費用対効果の高いライブラリー調製およびエクソームエンリッチメントソリューションです。

AmpliSeq for Illumina 免疫応答パネル

腫瘍と免疫システムの相互作用に関わる395遺伝子を対象としたターゲットRNA発現研究パネル。

Illumina DNA Prep with Enrichment

オンビーズタグメンテーションケミストリーとシンプルなシングルハイブリダイゼーションプロトコルを組み合わせ、ワークフローの総時間を短縮します。

TruSeq Stranded Total RNAライブラリー調製キット

様々な生物種やサンプルタイプに対応した、堅牢で拡張性の高い全トランスクリプトーム解析ソリューションです。

NextSeq 550システム

ラン当たり最大12エクソームをサポートする柔軟な構成。

NextSeq 1000 & 2000 システム

コスト効率が高く、使いやすいミッドスループットのベンチトップシーケンサーは、現在のアプリケーションと新しいアプリケーションの両方をサポートする極めて高い柔軟性を備えています。

NovaSeq 6000システム

ほぼすべてのゲノム、シーケンス手法、プロジェクト規模に対応する柔軟性と高いスループット。

BaseSpace Sequence Hubアプリ

RNA-Seqやその他の一般的な手法に対応したユーザーフレンドリーなデータ解析アプリです。

DRAGEN Bio-ITプラットフォーム

オンプレミスまたはクラウドで、NGSデータを正確かつ超高速に解析します。

Isaac Enrichmentアプリ

Isaac Genome Alignment SoftwareとIsaac Variant Callerを使ったエクソームデータ解析が行えます。

10X Genomics Chromium Single Cell Multiome ATAC + Gene Expression (遺伝子発現)

単一細胞の遺伝子発現とクロマチンアクセシビリティを統合し、遺伝子制御を行う細胞内メカニズムを明らかにします。

テクニカルノートを読む
RNA-Seqと一緒にタンパク質の発現を測定する

バルクRNA-Seqにタンパク質検出を組み込む方法と、BEN-Seqのワークフローを開発し、細胞解析に全体的なアプローチを提供します。

アプリケーションノートを読む
電子メールにてがんゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。
免疫療法耐性バイオマーカーの同定

Eliezer Van Allen医学博士は、NGSががん免疫療法に対する反応と抵抗性のバイオマーカーを特定するのに役立つことを強調しています。

ビデオを見る
体の中からがんと闘う力を身につける

近年、がん免疫研究が新しい治療法への発展が進んでいます。

ビデオを見る
免疫療法研究における被験者の層別化

NGSによってもたらされたがん免疫研究の進歩が、臨床試験における被験者の層別化にどのように役立っているか、サイエンティストたちが議論しています。

ウェビナーを見る
がん免疫研究の進歩に対応する

NGSテクノロジーによりバイオマーカーの同定を加速し、被験者のスクリーニングや安全性モニタリングのためのコストを抑えることが可能です。

ウェビナーを見る
がんおよび免疫疾患の原因となるウイルスの正体を暴く

Dr. Emilie Hultinと研究チームは、イルミナのシーケンサーを用いて、非黒色腫性の皮膚がんに関連する新種のHPVを同定しています。

インタビューを読む
NGSを利用してがんを標的とする免疫システムを支援

免疫療法の新しい研究分野と、それを前進させるためのNGSの活用についてご紹介します。

アプリケーションノートを読む
NGSを用いた免疫腫瘍学でのインフォマティクスアプリケーション

インフォマティクスツールの改良により、ネオアンチゲンの発見や腫瘍微小環境の解析が可能になっています。

テクニカルノートを見る

* データ計算はファイルに保存しています。Illumina, Inc., 2015