AmpliSeq for Illumina Cancer Hotspot Panel v2

がんとの関連が判明している50の遺伝子のホットスポット領域を調べるためのターゲットパネル。Read More...
製品の選択
どんな製品が必要ですか?
Panel

AmpliSeq for Illumina Cancer Hotspot Panel v2 (24 Reactions)

20019161

価格
 
 

Library Prep

AmpliSeq for Illumina Library PLUS (24 Reactions)

20019101

価格
 
 

AmpliSeq for Illumina Library PLUS (96 Reactions)

20019102

価格
 
 

AmpliSeq for Illumina Library PLUS (384 Reactions)

20019103

価格
 
 

Index Adapters

AmpliSeq for Illumina CD Indexes Set A (96 Indexes, 96 Samples)

20019105

価格
 
 

Product Highlights

AmpliSeq for Illumina Cancer Hotspot Panel v2は、体細胞突然変異カタログ(COSMIC)データベース1においてがんとの関連が特定された50の遺伝子のホットスポット領域にわたり体細胞変異を調べるためのターゲットリシーケンスアッセイです。主な機能:

関連遺伝子のコンテンツ
  • 50個のがん遺伝子と腫瘍抑制遺伝子のCOSMIC変異約2800個をターゲット
迅速かつ効率的なワークフロー
  • わずか1 ngの高品質DNAまたはホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)サンプルからの10 ngのDNAから1日でシーケンス可能なライブラリーを調製
高精度なデータ
  • ローカル解析またはクラウド解析によってバリアントのアレル頻度5%までの体細胞変異を検出

Cancer HotSpotパネルは、AmpliSeq for Illuminaのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)ベースのライブラリー調製、イルミナの1塩基合成(SBS)ケミストリー、次世代シーケンス(NGS)技術、および自動解析を含む統合ワークフローの一部です。

このパネルは、肺がん、大腸がん、乳がん、卵巣がん、メラノーマ、および前立腺がんなど複数のがんの中でバリアントを高い感度で検出できます。このカタログパネルを使用すれば、ターゲットの同定、プライマーの設計、およびパネルの最適化にかかる時間と労力を節約できます。

AmpliSeq for Illumina の詳細はこちら

Frequently Purchased Together

仕様

推奨プロジェクト

装置 推奨サンプル数 リード長
iSeq 100 System 16 samples per run (assumes minimum coverage of 500×) 2 × 150 bp
MiniSeq System Samples per run: mid output: 32, high output: 96 (assumes minimum coverage of 500×) 2 × 150 bp
MiSeq System Samples per run (by reagent kit version): v2 nano: 4, v2 micro: 16, v2: 60, v3: 96 (assumes minimum coverage of 500×) 2 × 150 bp

関連製品

AmpliSeq for Illumina Focus Panel

固形腫瘍との関連が判明している52遺伝子を調べるためのDNAおよびRNAのターゲットパネル。


TruSight Tumor 15

シンプルで迅速なワークフローにより、1回のアッセイで、一般に固形がんでよくみられる15の変異遺伝子に焦点を絞ったシーケンスパネルです。


AmpliSeq for Illumina Custom DNA Panel

特定のターゲットまたは目的のゲノムコンテンツに最適化されたターゲットカスタムパネル。


References
  1. Kingsmore S. Catalogue of Somatic Mutations in Cancer – Home Page. http://cancer.sanger.ac.uk/cosmic. Accessed October 25, 2017.