固形腫瘍の分子プロファイリング

治療方針に情報を提供しうる固形腫瘍の変異をより深く理解するための正確なシーケンス技術

固形腫瘍のプロファイリング

分子プロファイリングの登場により、腫瘍細胞や周囲組織の形態に依存していた従来の固形腫瘍の分類法の限界が克服されました。1今日、分子プロファイリングは、米国臨床病理医協会(CAP)2および欧州臨床腫瘍学会(ESMO)3が確立したガイドラインにより、固形腫瘍を分類する標準的手法となっています。

同様に、ゲノム技術も進歩を遂げ、分子プロファイリングのニーズに応えるようになりました。次世代シーケンサー(NGS)は、固形腫瘍(肺がん、結腸がん、乳がん、黒色腫、胃がん、卵巣がんなど)に関連する大半の遺伝子を評価する包括的な方法を提供します。NGSはまた、高感度によって腫瘍の不均一性を捉えますが、これは、サンガーシーケンスなどの他の方法では見逃されることが多い点です。4

固形腫瘍の分子プロファイリング コラージュ

NGSを使用した腫瘍プロファイリングは、固形腫瘍との関与が判明している一連の遺伝子、遺伝子領域、またはアンプリコンを解析します。このターゲットアプローチは、希少な変異や腫瘍のサブクローンを検出する高感度を提供し、がんの重要なドライバー変異に対する可視性が高まります。

一つのアッセイで複数の問いに答える

Ravindra Kolhe博士は、多種多様な固形腫瘍に関連する多数のバリアントを調べるために、イルミナのNGSを使用しています。

インタビューを読む

NGSを使用した固形腫瘍のプロファイリングは、数百のサンプルに容易にスケールアップできるシンプルなワークフローに従って行われます。臨床研究室は、DNAからレポート作成まで約40時間で行うことができます。このワークフローは単一のシーケンサーを使用するため、臨床検査室での検証ステップを最小限に抑え、臨床研究室の環境にシームレスに統合することができます。

腫瘍学の精密研究のための多剤併用アプローチ

Avera Healthの臨床研究者らは、DNA/RNAシーケンスを使用して固形腫瘍を解析し、複数の薬剤感受性腫瘍パスウェイを発見しています。

インタビューを読む

腫瘍プロファイリングに関する関連記事

 
NGSパネル、固形腫瘍研究において価値を発揮
NGSパネル、固形腫瘍研究において価値を発揮

一つの比較試験で、TruSight Tumor 170は神経膠腫の遺伝子マーカーを正確に同定し、臨床研究での腫瘍特性評価におけるその使用の妥当性が裏付けられました。

顧客のインタビューを読む
口腔がんの遺伝学的根拠を探る
口腔がんの遺伝学的根拠を探る

Majumder博士は、腫瘍の不均一性、体細胞変異、および致死性の口腔がんに関連する生殖細胞系列バリアントを調べるためにNGSを使用しています。

顧客のインタビューを読む
小児白血病におけるがんパスウェイに関する新たな見解
自分のいのち、そしてあなたのいのちのために闘う

Sandra Balladares医学博士が、遺伝学検査をラテンアメリカのヒスパニック系乳がん患者に届けるための米国への旅について語ります。

記事を読む

イルミナ製品は、NGSをがん研究室の手順にシームレスに統合しつつ、正確な答えを見出すべく最先端技術を使用するためにがん研究室を支援します。ライブラリー調製キットは、アーカイブの固形腫瘍組織に対応し、大量のサンプルを処理するために容易にスケールアップすることができます。

イルミナのシーケンサーは、業界をリードするシーケンスを提供し、世界中のシーケンスデータの約90%を生成しています。* 効率的なレポート作成能力により、臨床検査室は重要な所見を標準形式でアノテーションし、分類し、情報を伝えることができます。

以下のをクリックしてワークフローの各ステップに対応する製品をご覧ください。

TruSight Tumor 170

包括的なパネルは、固形腫瘍の進行の一因となる1塩基変異(SNV)、増幅、および融合遺伝子を検出します。

TruSight Tumor 15

関連する固形腫瘍の体細胞バリアントを、サンプルからデータまでのシンプルなワークフローで評価する、焦点を絞ったパネル。

TruSight RNA Pan-Cancer

FFPEを含む大半の腫瘍学サンプルタイプでの遺伝子発現、バリアントおよび融合遺伝子検出のために1385種のがん関連遺伝子をターゲットにしています。

TruSight RNA Fusion

多くのがんタイプにおいて融合遺伝子をターゲットにした遺伝子融合検出パネル。既知および新規の融合遺伝子パートナーを検出する能力があります。

TruSight Oncology 500

低品質のサンプルでも、腫瘍変異負荷(TMB)やマイクロサテライト不安定性(MSI)など、複数のバリアントタイプをターゲットにしたアッセイ。

AmpliSeq for Illumina Cancer HotSpot Panel v2

がんとの関連性が確認されている50個の遺伝子のホットスポットを調べるターゲット研究パネル。

AmpliSeq for Ilumina Focus Panel

固形腫瘍との関連が判明している52種の遺伝子を調べるターゲットDNA/RNA研究パネル。

AmpliSeq for Illumina Comprehensive Panel v3

広範囲のがん型との関連が判明している161種のバリアントを調べるためのターゲットDNA/RNA研究パネル。

AmpliSeq for Illumina Comprehensive Cancer Panel

がんとの関連が判明している409種のエクソン領域を調べるためのターゲット研究パネル。

NGS Target Enrichment

特定の研究的興味に関連するゲノム領域をターゲットにします。

MiniSeqシステム

固形腫瘍のロースループット ターゲットシーケンスに対する最もシンプルで経済的なソリューション。

MiSeqシステム

シンプルなNGSワークフロー、統合されたデータ解析ソフトウェア、および比類のない精度を備えたデスクトップシーケンサー。

MiSeqDxシステム

FDA認証の体外診断NGSシステム。研究(RUO)モードでは高精度な信頼性の高いデータを生成することもできます。

NextSeq 1000および2000システム

これらの画期的なシーケンサーは、現在および新たなアプリケーションに対応する柔軟性、これまでにないシンプルなワークフロー、最短2時間でのデータ解析を実現します。

MiSeq Reporter

MiSeqシステムで使用する解析とバリアントコール向けの使いやすいソフトウェア。

バリアント解析

ゲノムバリアントデータに対する生物学的洞察を提供するパワフルな解析/レポート作成ツール。

BaseSpace Sequence Hub

NGSデータ解析と管理を行うイルミナのゲノミクスコンピューティング環境。

Local Run Manager

装置上でデータ解析を自動的に実行する、使いやすいソフトウェア。

Exclusive Offer for TruSight Oncology 500

Purchase the TruSight Oncology 500 assay for the first time and receive an exclusive limited time offer.

Learn More
Exclusive Offer for TruSight Oncology 500
John Leite医学博士の画像
がんのベールを取り除く:TruSight Tumor 170

このエンリッチメントに基づくがん研究アッセイは、DNAとRNAの両方を調査し、Small variant、遺伝子増幅、融合遺伝子、スプライスバリアントを検出します。

ビデオを見る
NGSは従来の細胞遺伝学的手法を補完する
NGSは従来の細胞遺伝学的手法を補完します

腫瘍のゲノム解析は、遺伝子異常を網羅的に検出することができます。

記事を読む
電子メールで最新のニュース、事例研究、がんゲノムに関する情報をご提供します。ぜひご登録ください。
サインアップ
がんのドライバー遺伝子を同定するためのFFPEサンプルのシーケンス
がんのドライバー遺伝子を同定するためのFFPEサンプルのシーケンス

Yasser Riazalhosseini博士は、疾患を起こす変異や予後シグネチャーを解析するために、FFPEサンプルの完全性を維持しています。

PDFを読む
融合遺伝子を検出する包括的なパネル
融合遺伝子を検出する包括的なパネル

Ravindra Kolhe医学博士が、がんの遺伝子融合を調べるTruSight RNA Fusion Panelの使用について語ります。

インタビューを読む
がんの予後を知らせる統合ゲノミクス
がんの予後を知らせる統合ゲノミクス

DNA/RNAレベルのデータを組み合わせた分子プロファイリングは、がんの促進要因である遺伝子をより容易に同定できる可能性があります。

インタビューを読む
参考文献
  1. Cross D, Burmester JK. The promise of molecular profiling for cancer identification and treatment. Clin Med Res. 2004;2:147-150.
  2. Lindeman NI, Cagle PT, Beasley MB, et al. Molecular testing guideline for selection of lung cancer patients for EGFR and ALK tyrosine kinase inhibitors: guideline from the College of American Pathologists, International Association for the Study of Lung Cancer, and Association for Molecular Pathology. J Thorac Oncol. 2013;8:823-859.
  3. Mosele F, Remon J, Mateo J, Westphalen CB, et al. Recommendations for the use of next-generation sequencing (NGS) for patients with metastatic cancers: a report from the ESMO Precision Medicine Working Group. Ann. Oncol. 2020;31(11):1491-1505.
  4. Jamuar SS, Lam AT, Kircher M, et al. Somatic mutations in cerebral cortical malformations. N Engl J Med. 2014; 371:733–43.

社内計算データにより Illumina, Inc. 2015.