固形がんの分子プロファイリング

治療方針の手掛かりとなる固形がんにおける変異を詳細に把握するための精確なシーケンステクノロジー

固形がんプロファイリング

分子プロファイリングが登場したことで、腫瘍細胞や周辺組織の形態に依存していた従来の固形がんの分類法における限界が克服されました1。現在、分子プロファイリングは、米国臨床病理医協会2や米国がんネットワークの診療ガイドラインに記載されている標準的な固形がん分類法となっています。3

これに合わせてゲノミクステクノロジーは、分子プロファイリングのニーズを満たすため発展してきました。次世代シーケンス(NGS)は、肺がん、大腸がん、乳がん、メラノーマ、胃がん、卵巣がんなどの固形がんに関連するあらゆる遺伝子を包括的に評価する手法です。NGSはまた、他のアプローチでは見過ごすことの多い、腫瘍の不均一性をキャプチャーする高い精度も備えています。

Molecular Profiling of Solid Tumors Collage

NGSによる腫瘍プロファイリングでは、固形がんとの関連が既知の情報に基づいて、一定の遺伝子、遺伝子領域、またはアンプリコンを解析します。このターゲットアプローチでは低頻度の変異および腫瘍サブクローンを高精度に検出可能で、がんにおいて重要なドライバー変異に関する理解が深まります。

NGSを使った固形がんプロファイリングは、数百のサンプル数まで簡単に拡張できるシンプルなワークフローで実施します。臨床研究ラボでは、DNAから結果報告までを約40時間で行うことができます。このワークフローは1台のシーケンス装置のみで行うことができるため、ラボでの検証ステップを最小限にして、臨床研究ラボ環境へスムーズに取り入れることができます。

イルミナ製品により、臨床がん研究ラボ手順へのNGSのスムーズな導入および精確な結果を得るための最新のテクノロジーの利用が可能となります。ライブラリー調製キットは保存された固形腫瘍に対応し、大量サンプル数まで簡単に拡張可能です。

イルミナのシーケンサーは、業界をリードする精確性を誇り、世界中のシーケンスデータの約90%の生成に用いられています*。効率的なレポート作成機能では、重要な知見のアノテーション、分類、および報告を標準フォーマットで行うことができます。

下の をクリックしてワークフローの各ステップで利用できる製品をご覧ください。

TruSight Tumor 170

同一FFPEサンプル中のDNAおよびRNAの変異をターゲットとする包括的な次世代シーケンスアッセイ。

TruSight Tumor 15シンプルで迅速なワークフローにより、1回のアッセイで、一般に固形がんでよくみられる15の変異遺伝子に焦点を絞ったシーケンスパネルです。

 

TruSeq Custom Amplicon

このターゲットリシーケンスソリューションは、ゲノム上の重要な関心領域にフォーカスし、非常に多いプレックスプール数や、長いアンプリコンに有用です。

TruSight RNA Pan-Cancer

FFPEを含むあらゆる種類のRNAサンプルにおける遺伝子発現、変異および融合について1,385に及ぶがん遺伝子をターゲットとします。

TruSight RNA Fusion

TruSight RNA Fusion Panelでは、ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)サンプルやその他のがんサンプルにおいて融合遺伝子を包括的に検出できます。

MiniSeq システム

固形がんのターゲットシーケンス用のスピードと使いやすさ。

MiSeq システム

シンプルなNGSワークフロー、統合化されたデータ解析ソフトウェア、および比類のない精確さを備えたデスクトップ型シーケンサー。

MiSeqDx システム

FDAの承認を受けた体外診断用NGSシステムは、精確で信頼性の高いデータが得られる研究用モードでも使用できます。

NextSeq シリーズ

ターゲットプロファイリングから全ゲノムシーケンスまで、複数のアプリケーションでサポートする柔軟性の高いデスクトップ型シーケンサー。

MiSeq Reporter

MiSeqシステムにおける解析と変異コール用の使いやすいソフトウェア。

VariantStudio ソフトウェア

ゲノム変異データの生物学的側面を理解する手掛かりとなる強力な解析レポート作成ツール。

BaseSpace Sequence Hub

NGSデータの解析と管理のためのイルミナのゲノミクスコンピューティング環境。

Local Run Manager

直感的なデータ解析を行える装置内蔵のLocal Run Manager

Image
Removing Cancer's Veil: TruSight Tumor 170

A new enrichment-based cancer research assay interrogates both DNA and RNA, detecting small variants, gene amplifications, gene fusions, and splice variants.

View Video
NGS Complements Traditional Cytogenetic Methods
NGS Complements Traditional Cytogenetic Methods

Genomic analysis of tumors provides comprehensive detection of genetic abnormalities.

Read Article
画像
臨床研究におけるNGS

Kenneth Bloom(Clarient社(GEヘルスケア)の最高医療責任者、MD、FCAP)が臨床研究におけるNGS利用の実践的側面について論じています。

ビデオの視聴
画像
希少な腫瘍細胞のシーケンスからがんの進化を理解する

Dr. Nicholas Navinは、シングルセルシーケンスを行って腫瘍亜集団の不均一性を解析しました。

PDFを読む
画像
FFPEサンプルのシーケンスからがんドライバーおよび新規バイオマーカーを同定

Dr. Yasser Riazalhosseiniは、FFPEサンプルを完全な状態に保ち、疾患の原因となる変異および予後の兆候を解析することに成功しました。

PDFを読む
New Views of Cancer Pathways in Pediatric Leukemia
New Views of Cancer Pathways in Pediatric Leukemia

Researchers are using the TruSight RNA Pan-Cancer Panel to understand the role of fusion genes in pediatric leukemia.

Read Article
Integrative Genomics to Inform Cancer Prognosis
Integrative Genomics to Inform Cancer Prognosis

Molecular profiling that combines DNA- and RNA-level data can more easily identify genes that may be driving cancer.

Read Interview
Comprehensive Panel for Gene Fusion Detection
Comprehensive Panel for Gene Fusion Detection

Ravindra Kolhe, MD, PhD, discusses using the TruSight RNA Fusion Panel to study gene fusions in cancer.

Read Interview