がん細胞遺伝学とNGSを用いた
染色体変異の包括的な像

次世代シーケンスとマイクロアレイによる染色体異常のさらなる解明

がん細胞遺伝学

がん細胞でよく見られる染色体変化には、遺伝子融合、大規模染色体再編、およびコピー数多型などがあります。がんに関与する染色体異常は、多くの場合、現在のゲノム医学研究に欠かせない細胞遺伝学的分析で評価されます。

細胞遺伝学者は、がんにおける染色体変化の徹底的な解析を補完するマイクロアレイ技術と次世代シーケンス(NGS)技術を使用して、大小含めたすべてのゲノム変化を包括的に把握できるようになりました。

腫瘍学

現在、多くの研究者ががんの細胞遺伝学をより深く理解するためのスクリーニングツールとしてマイクロアレイを使用しています。染色体異常の評価で使用される蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)や核型分析などの従来の方法では、解像度が低いため、多くの場合で一貫したデータが得られません。アレイは、コピー数変化と染色体再編をより高い解像度とスループットで同定できるシンプルで信頼性の高い方法です。

詳細はこちらから

全ゲノムを塩基ごとに確認できるNGSでは、点変異やその他の小さな変異も同定できます。NGSで得られた情報は、治療戦略の手掛かりとなる分子サブタイプ、疾患予後バイオマーカー、およびその他の指標の特定に有用です。

詳細はこちらから

がんゲノミクスにニュースレター、ケーススタディ、および情報を受信でチェック!メールアドレスを入力してください

次世代シーケンスとマイクロアレイを組み合わせることで、がんの細胞遺伝学を包括的に把握することができます。

イルミナの製品では、専門家が精選したゲノムコンテンツ、精確なデータ、およびシンプルな解析およびレポート作成のオプションがご利用いただけるため、臨床がん研究が促進されます。

下のをクリックして関連製品をご覧ください。

マイクロアレイ
Microarrays

イルミナマイクロアレイの利点:

  • 完全なカバレッジ
  • 低レベルモザイクに対する高い検出感度
  • ラボに簡単に取り入れられるシンプルなワークフロー
  • 信頼性の高い結果が得られる実績のあるInfiniumアッセイケミストリー
Infinium CytoSNP-850K BeadChip

がん研究で細胞遺伝学的に重要な遺伝子の最も包括的なカバレッジを達成するために国際コンソーシアムによりデザインされたアレイ。

CytoChip Cancer

既知のがん関連遺伝子のエクソン境界内で発生している増幅、欠失、および転位などの膨大な数のターゲット変異を調べるためのアレイ。

シーケンス
シーケンス

NextSeq 550 System

  • シーケンスと細胞遺伝学アレイスキャンを1台のシステムで実施
  • コピー数多型(CNV)およびその他の変異の探索や確認のためのアプリケーションをスムーズに切り替え
  • 複数のアプリケーションに使える柔軟性
詳細はこちらから
シーケンス用キット
TruSight Myeloidシーケンスパネル

専門家が精選した、骨髄性悪性腫瘍に関与するエクソンの発がん性変異とがん抑制遺伝子をターゲットとしたパネル。

TruSeq Amplicon Cancerパネル

さまざまながんにおける体細胞変異ホットスポットが含まれる固定パネル。

TruSight Cancerシーケンスパネル

がんに罹患しやすい素因と関連付けられる94個の遺伝子と284個のSNPをターゲットとする、がん研究所との共同研究でデザインされたパネル。

データ解析
BlueFuse Multiソフトウェア
  • 明快で直感的なユーザーインターフェース
  • ラボのニーズに合わせた拡張が可能
  • 高い利用実績—世界の150以上の臨床研究ラボで使用されています
詳細はこちらから
画像
細胞遺伝学専門家のインタビュー

Combimatrix社の細胞遺伝分野担当主任のDr. Trilochan Sahooがアレイを使用したがんの細胞遺伝学的解析について論じます。

PDFにアクセス
画像
がんにおける染色体変化のアレイ解析

Jacksonらによる論文では、小児がんのラブドイド腫瘍におけるコピー数変化を特定するために高密度アレイが使われています。 

論文を読む
画像
がん細胞遺伝学研究による髄膜腫サブタイプの特定

Hoらによる論文では、マイクロアレイを用いた遺伝子プロファイリングにより眼窩内髄膜腫の三つの異なるサブタイプが同定されています。 

論文を読む
画像
神経膠腫のFFPEサンプル中のゲノム変異の同定におけるアレイの使用

Haradaらによる論文では、神経膠腫のFFPEサンプル中の欠失およびコピー数に変化のないヘテロ接合性の消失を検出するためにアレイが使用されています。 

論文を読む