BlueFuse Multiソフトウェア

BlueFuseソフトウェアでは、分子細胞遺伝学的研究データ解析と体外受精(IVF)データ解析を1つのフレームワークで行うことができます。明快で直感的なユーザーインターフェースと一般的なワークフローを使用しており、ラボのニーズに合わせて規模を変更できます。広く利用されているこのソフトウェアは、世界中の150を超える研究ラボに導入されており、現在スクリーニング中のPGSサイクルの80%以上で使用されています。

BlueFuseを使用することで、ラボでは効率的かつ自信を持って以下を実現できます:

  • 最小限のハンズオン時間で1日に多数の検査
  • サンプル情報および関連レポートの安全な保管と読み出し
  • ラボやローカルの要件を満たすワークフローやオーディット・トレールの作成
  • アレイを使った分子細胞遺伝学研究データやIVFデータの解析
  • NGS(次世代シーケンサー)を利用したIVFデータの解析

IVFスクリーニングをサポートする効率的なワークフロー

移植前に胚の異数性をスクリーニングすることで、IVFの成功率が大幅に上昇することが確認されています(PGS)1。着床前遺伝子診断(PGD)により、IVF手順で移植前に特定の遺伝子疾患に関して胚のスクリーニングが行えます。BlueFuseマルチソフトウェアは、PGSとPGDのソリューションを1つのソフトウェアでご提供します。

分子細胞遺伝学研究のためのデータの可視化

マイクロアレイスクリーニング技術における最近の進歩により、染色体の微小欠失や微小重複(コピー数多型)を同定できるようになりました。BlueFuseマルチソフトウェアは、分子細胞遺伝学研究で得られた結果の解析、可視化、および解釈のための高機能なマルチユーザーソフトウェアです。明快で直感的なインターフェースのBlueFuseマルチでは、ユーザーに左右されない精確な結果を、迅速かつ効率的に生成できます。

ソフトウェアの使用条件

BlueFuseは、サイトごとに無条件ライセンスが付与されるイルミナの細胞遺伝学関連製品およびPGS/PGD関連製品のユーザーすべてにお使いいただけます。オープンプラットフォームではないため、細胞遺伝学関連製品やPGS/PGD関連製品を取り扱う他のベンダーは使用できません。

ビデオ

BlueFuseマルチソフトウェアのデモBlueFuseマルチソフトウェアのデモ

BlueFuseマルチソフトウェアのデモ
革新的なBlueFuseマルチソフトウェアでは、分子細胞遺伝学的研究データ解析と体外受精(IVF)データ解析を1つのフレームワークで行うことができます。この完全で拡張性のあるソフトウェアソリューションは、胚スクリーニングの簡略化と臨床医のワークフローの効率化にお役立ていただけます。

製品資料

参考文献

  1. Scott RT Jr, Ferry K, Su J, Tao X, Scott K, et al. (2012) Comprehensive chromosome screening is highly predictive of the reproductive potential of human embryos: a prospective, blinded, nonselection study. Fertil Steril 97(4): 870–875.