農業におけるゲノムの役割を理解

最新技術が動植物のゲノム研究をサポート

動植物のゲノム

今日の農業研究者は動植物のゲノムを研究するために多くのツールを自在に使っています。植物生物学、農産物、家畜、モデル生物のうち対象が何であれ、形質や疾患に及ぼすゲノムの影響を正確に把握することが重要です。農業分野でゲノムは広く使われつつあり、発見や進歩を導くためにイルミナの技術を用いた研究や育種が増えています。

Plant and Animal Genomics

マイクロアレイおよび次世代シーケンス(NGS)テクノロジーを用いた研究では、ジェノタイピング、遺伝子の発現と制御、エピジェネティクスなどの動植物のゲノムのさまざまな性質が調べられています。これらのアプローチは、遺伝子マーカーを評価し、形質や疾患に関連した新規遺伝子を発見するのに必要なハイスループット量、感度および精確性を備えています。

Methods for Plant and Animal Genomics

マイクロアレイは動植物のゲノムの日常のスクリーニングアプリケーションとして理想的であり、得られたジェノタイピングデータは選抜や育種の決定に必要な情報を提供します。アレイは特に大量サンプルを解析するうえでコスト効率が高い方法です。

詳細はこちら

次世代シーケンサーは、表現型に影響を及ぼす遺伝子変異を高解像度で把握でき、新規マーカーを発見するのにも有用です。サンプル数が少ない場合は、低コストなマイクロアレイの代替法として利用できます。

詳細はこちら

幅広いアプリケーションと生物種に対応するツールセットを備えたイルミナのマイクロアレイとシーケンスのテクノロジーを用いることで、農業分野でほぼすべての生物種の研究が可能となります。

Featured Plant and Animal Genomics Products
TruSeq Bovine Parentage Sequencing Panel

さまざまな肉牛品種や乳牛品種の親子判定のためのこの価値あるソリューションでは、1回のアッセイでその他の遺伝病や経済形質のジェノタイピングも行うことができます。

詳細はこちら
BovineSNP50 BeadChip

このマイクロアレイを使うことで、主要な乳牛品種や肉牛品種のゲノム特性解析のために、高密度なウシジェノタイピングを複数サンプル同時に実施できます。

詳細はこちら
TruSeq Genotype Ne Kit

ヒト以外のあらゆる動植物種のシーケンスによるジェノタイピング(GBS)用の低コストなターゲットソリューション

詳細はこちら
MaizeLD BeadChip

トウモロコシの従属品種(EDV)の特性評価に必要な鑑別を高精度に行う、EDV試験に対応した包括的なジェノタイピングソリューション

詳細はこちら
TruSeq Genotype Ne Kit

ヒト以外のあらゆる動植物種のシーケンスによるジェノタイピング(GBS)用の低コストなターゲットソリューション

詳細はこちら
GGP Porcine Arrays

高密度、低密度の両方のジェノタイピングアレイをラインナップしています。これらはイルミナのアレイテクノロジーとPorcine用ベースコンテンツに加え、GeneSeek社のカスタムコンテンツを含む点を特長とし、主要なブタ品種に利用できます。

詳細はこちら
すべてのアグリゲノム関連製品

イルミナの全アグリゲノム関連製品をご確認ください。種別、テクノロジー、研究タイプまたは装置を選択して、研究に最適なツールを検索できます。

詳細はこちら
アグリゲノムコンソーシアム関連製品

アグリゲノムコンソーシアムを閲覧し、対象の生物種用にコンソーシアムで開発された製品をお探しください。また、研究者同士の既存のコンソーシアムにご参加ください。

詳細はこちら
GeneSeek Genomic Profiler Arrays

イルミナはヒト以外の生物種のGeneSeek Genomic Profiler(GGP)ジェノタイピングアレイを提供しています。アレイはウシ、ブタ、ウマおよびマウスの生物種でご利用いただけます。

詳細はこちら
電子メールにてアグリゲノムにおける最新のニュース、事例研究、アプリケーションなどの情報をご提供します。ぜひご登録ください。
Sequencing Enables Selective Breeding of Goat Herd
Sequencing Enables Selective Breeding of Goat Herd

Researchers in New Zealand use genotyping by sequencing to overcome cost and resource hurdles associated with genomic selection.

Read Interview
選抜によってウシ育種を進展
選抜によってウシ育種を進展

José Fernando Garciaがゲノム選抜によって、以下に環境への影響を減らしながら牛肉の生産を改善できるかを議論します。

ビデオを視聴
ゲノム選抜と育種
ゲノム選抜と育種

次世代シーケンサーとジェノタイピングテクノロジーが動物育種に革新をもたらします。

PDFを読む
Perspectives in Crop Genotyping
Perspectives in Crop Genotyping

Read about progress, challenges, and trends in the development of cost-effective genotyping platforms for crop breeding.

View Publication
Modern Breeding Programs for the Sunflower
Modern Breeding Programs for the Sunflower

The sunflower industry adopts genomics tools to better inform breeding decisions and improve disease resistance.

Read Interview
Nellore Genotyping Grows Brazilian Beef Industry
Nellore Genotyping Grows Brazilian Beef Industry

Breeders and researchers use genotyping to enhance the Nellore breed and allow the Brazilian beef industry to flourish.

Read Interview
The Future of Beef Cattle Breeding
The Future of Beef Cattle Breeding

Sandhill Farms incorporates genomic technologies into the trait selection process to provide more predictable seed stock.

Read Interview
ライブラリー調製およびアレイキットセレクター
ライブラリー調製およびアレイキットセレクター

プロジェクトの種類、スタート材料、手法またはアプリケーションに基づいて、ニーズに適したキットをお探しください。

最適なキットを探す