イルミナNGSの原理、ラン結果の評価方法を理解する

イルミナの次世代シーケンサーの原理やラン結果の評価方法を理解することは、ランの改善に役立つ情報を確認するため、また、ライブラリー調製の改善のヒント確認するためにも重要です。

イルミナのすべての次世代シーケンサーシステムでは、SBS (Sequencing by Synthesis) テクノロジーを採用しています。SBSテクノロジーは、1塩基単位の高精度かつ安定したシーケンステクノロジーであり、網羅的なゲノムの解析を可能にします。 HiSeqおよびMiSeqシステムでは4チャンネルのSBSイメージング法で、NovaSeq、NextSeq、およびMiniSeqでは2チャンネルSBSを採用しています。

SBSテクノロジーの詳細は、下記のイルミナのサイトでご案内しております。ぜひご覧くださいませ。

1塩基合成反応(SBS)テクノロジー

イルミナの1塩基合成反応(SBS)シーケンステクノロジーは、世界中で最も成功し幅広く導入されている次世代シーケンサー(NGS)テクノロジーです。イルミナのシーケンス試薬は、伸長したDNA鎖へ取り込まれる塩基を1塩基ずつ検出する独自の手法で大量並列シーケンスを可能にします。

詳細を見る
【イルミナウェビナー】 NGSをはじめよう!- SBS (Sequencing By Synthesis) ケミストリーとは何か?

イルミナシーケンサーで共通に使用されているSBS (Sequencing By Synthesis) ケミストリーを用いたシーケンスについて基礎からご案内いたします。これからイルミナシーケンサーで実験を始めていただく方を対象としています。

ウェビナーを見る

ランのクオリティをSAV (Sequencing Analysis Viewer) ソフトウェアで可視化することが可能です。SAVでは、配列のクオリティの評価だけではなく、ランのクオリティの改善にも役立つ情報を確認できます。SAVの使い方、およびランの評価の方法と改善のヒントについてご紹介したウェビナーを御覧ください。

【イルミナウェビナー】SAV (Sequencing Analysis Viewer) でのRunの評価と改善のための提案

SAV (Sequencing Analysis Viewer)は、イルミナのシーケンサーのラン結果の様々なクオリティマトリックスを確認できるソフトウェアになります。いずれのイルミナのシーケンサーにもすでにインストールされているソフトウェアになり、ご自分のコンピューターにインストールいただき、ご使用いただくことも可能です。 本ウェビナーではSAVでのランの結果の評価の仕方、およびランの結果の改善のヒントの得方についてご案内したいと思います。

ウェビナーを見る
お問い合わせ

ライブラリー調製キットをご使用いただき、予想している結果とはならなかったなど何かトラブルや気にかかることなどございましたら、テクニカルサポートまでお気軽にご相談ください。

テクニカルサポート部
E-Mail:techsupport@illumina.com
TEL:0800-111-5011 (9:00-17:00)