加速したシーケンスとデータ処理

2チャネルSBSは、クオリティと精度を保ちながら、4チャネルSBSよりもデータを速く生成できます。

2チャネルSBSテクノロジー

イルミナのすべてのシーケンスシステムでは、実証されたイルミナのSequencing by Synthesis(SBS)テクノロジーが使用されています。 SBSは最も広く使われている次世代シーケンスシーケンス(NGS)テクノロジーで、世界のシーケンスデータの90%以上を産出しています*。 SBSでは、非常に精確な1塩基ごとのシーケンスとゲノム全体にわたり安定した性能が得られます。

イルミナがさらに最近発売した装置では、SBSテクノロジーの最新進化形である2チャネルSBSが使用されています。 この方法では、4チャネルSBSの高いデータ精度でより速くデータを生成することができます。

Sequencing Technology Video
シーケンステクノロジーのビデオ

SBSテクノロジーを動画でご覧ください。

2チャネルSBS法で必要なサイクルあたりの画像は4つではなく2つだけです(図1)。 これにより、イルミナシステムが誇る高いクオリティと精度を維持しながら、シーケンス時間およびデータ処理時間を短縮できるようになりました。 これらの利点により、2チャネルSBSは手頃な価格のソリューションとなり、NGSは世界中の研究室で日常的なツールとして使用できるようになりました。

Faster Sequencing and Data Processing Times

各塩基で異なる色素を使用するのではなく、2チャネルSBSでは色素ミックスを使用します。 画像は、赤色と緑色の波長のフィルター帯を使って各DNAクラスターで取得します(図2)。

赤色または緑色の画像で見られるクラスターはそれぞれC塩基またはT塩基と解釈されます。 赤色と緑色の画像の両方で確認されるクラスター(黄色のクラスターに見える)はA塩基とフラグ付けされ、標識されないクラスターはG塩基と特定されます。

Simplified Nucleotide Detection
Illumina NGS Methods Guide

2チャネルSBSテクノロジー注目点

2チャネルSBSがどのように4チャネルSBSよりも高速のデータ生成で高いデータ精度を実現するかについて詳細をご覧ください。

テクニカルノートを読む
Advancing Malaria Research with NGS

Researchers use Illumina NGS systems, including a 2-channel instrument, to expose vulnerabilities in a malaria parasite's reproductive mechanisms.

Read Interview

MiniSeq システム は、小柄で手頃な価格のベンチトップシーケンサーを提供するために2チャネルSBSを採用しています。 ターゲットDNAシーケンス、ターゲットRNAシーケンスからがんプロファイリング研究、低分子RNA発見などを始めとする幅広いアプリケーションに対応しています。

NextSeq シリーズ は、日常的なゲノミクスにスピードと使いやすさをもたらします。 2チャネルSBSにより、これらのシステムはハイスループットアプリケーションを実施する最初のベンチトップシーケンサーになりました。 全トランスクリプトーム、エクソーム、およびターゲットリシーケンスの研究に対応しています。

NovaSeq 6000 システム は、ほぼすべてのゲノム、シーケンス手法、およびプロジェクト規模に対応した拡張性のあるスループットと柔軟性をもたらします。

最適なシーケンサーを見つける

シーケンスプラットフォームを比較して、お客様のニーズに適したシステムを見つけてください。

NGS プラットフォームの比較はこちら
電子メールにて最新のニュース、事例研究、アプリケーション情報をご提供します。ぜひご登録ください。

* ファイル上で算出されたデータ。Illumina, Inc. 2015.