Skip to content

遺伝性および希少疾患研究

改良されたRNA-Seqライブラリー調製製品群のご紹介

感染症、がん、遺伝性疾患の研究でRNAを研究するための新しいソリューション

改良されたRNA-Seqライブラリー調製製品群のご紹介
2020/06/22

イルミナから、改良されたRNAライブラリー調製製品群が発売されました。この新しい改良によって、RNA研究用のソリューションには、所要時間の短縮、幅広い研究に対する柔軟性、シーケンスの拡張性がもたらされ、さらに感染症、がん、遺伝性疾患の研究に優れたデータ品質を付加します。

従来のTruSeq™およびビーズ結合トランスポソーム(Bead-Linked Transposome)技術を基にした3種類の新しいキットは、RNAの検出、特性解析、定量が可能な多くの手法に対応します。具体的な新製品は次のとおりです。 

  • Illumina Stranded Total RNA Prep with Ribo-Zero Plusでは、トランスクリプトームの包括的な解析、遺伝子および転写産物の精確な測定、既知および新規のコーディングRNAの特性とさまざまな形状のノンコーディングRNAの検出が可能です。
  • Illumina Stranded mRNA Prepでは、遺伝子発現の定量、コーディングトランスクリプトーム中の既知および未知のアイソフォームの同定、そしてアリル特異的発現の測定が可能です。 
  • Illumina RNA Prep with Enrichmentは、トランスクリプトームのコード領域を配列特異的にキャプチャーすることによりコスト効率の高いRNAエクソーム解析を可能にします。また、ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)サンプルに最適です。 

Illumina Stranded Total RNA Prepは、ストランドの向きを精確に測定することができます。また、均一なカバレッジを実現し、選択的転写産物、遺伝子融合、アリル特異的発現といったさまざまな特徴を高い信頼度で検出することができます。ヒト、マウス、ラット、細菌などの複数の生物種から不要なrRNAを極めて効率的に除去できるRibo-Zero Plus rRNA Depletion Kitに対応します。Stranded mRNA Prep Kitは、非常に精確に遺伝子発現を測定するための少量のサンプルインプット要件に対応します。ターゲットRNAシーケンスは感染症の研究で特に重要です。新しいIllumina RNA prep with Enrichmentは、呼吸器系ウイルスを標的とし、迅速かつ効率的で高い拡張性を備えたIllumina Respiratory Virus Panelに対応します。

「多くの病原性ウイルスのように、SARS-CoV-2もDNA型ではありません。」とイルミナのバイスプレジデントで著名な科学者である、Gary Schrothは述べています。「そのため、RNAシーケンス技術は、初めて新規のSARS-CoV-2ゲノムを検出する際に極めて重要な役割を果たしました。これによって診断検査法を迅速に開発できるようになり、ウイルスの活動、広がり、進化を特性解析する上でも引き続き重要な役割を果たせます。この新しいRNA-Seq製品群は、感染症の研究に利用できる最先端のライブラリー調製ツールとなります。」 

「この新しいRNAライブラリー調製ソリューションは、信頼性の高いTruSeq製品に改良を加えて、より迅速で使いやすいワークフローや、研究の高い自由度と拡張性を備えているため、発見を加速し続けることができます。」とイルミナの臨床ゲノム関連製品開発部門のバイスプレジデントである、Jim Godseyは述べています。

RNAキットのラインナップは、現在jp.Illumina.comでご覧いただけます。

Recent Articles

Illumina Pledges US $20 Million in Sequencing Tech for Africa
Illumina Pledges US $20 Million in Sequencing Tech for Africa
DRAGEN Shines at PrecisionFDA Truth Challenge
DRAGEN Shines at PrecisionFDA Truth Challenge
Supporting Climate Action
Supporting Climate Action

注目製品