プレスリリース

イルミナ、世界で初めて科学的根拠に基づいたNet-Zero Target認証を取得

Science Based Targets initiativeは、2050年までに温室効果ガス排出量をネットゼロにするイルミナの目標を検証しました。

当リリースは、Illumina Inc.が2022年7月14日付けで発表した英文プレスリリースを日本語に翻訳したものです。プレスリリースの正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。

サンディエゴ ―(2022年7月14日、PRNewswire)―Illumina, Inc.(NASDAQコード:ILMN)は本日、Science Based Targets initiative(SBTi)からネットゼロ目標の認証を受けた世界初の企業グループの1社になったことを発表しました。これには、イルミナの企業としての温室効果ガス(GHG)排出量削減目標が同団体に認証されたことも含まれています。

Illumina announced today it is among the first group of companies worldwide to receive approval of its net-zero targets by the Science Based Targets initiative (SBTi).

SBTiは、企業が最新の気候科学に沿った排出削減目標を意欲的に設定する世界的な機関です。そのネットゼロ基準は、地球温暖化を1.5℃に抑えるというパリ協定の目標に沿って、企業のネットゼロ目標を科学的に証明する、世界初の基準です。

「イルミナは、科学的根拠に基づいた、Net-Zero Target(ネットゼロ目標)を認証された、世界初のゲノミクス企業として、SBTiに参加することを誇りに思います。このアプローチは、私たちの長期的なネットゼロ気候目標が信頼でき、意欲的で、説明責任があることを示すのに役立つでしょう。」とイルミナのChief Public Affairs OfficerのJohn Frankは述べています。

イルミナSBTiが認証された目標

  • Net-Zero Target
    • イルミナの直接事業(スコープ1および2)およびバリューチェーン(スコープ3)全体におけるGHG排出量を、2050年までに2019年のベースラインレベルからネットゼロにするコミットメント
  • 近未来目標 2019年のベースラインレベルに基づいたコミットメント
    • 2030年までに直接事業からのGHG排出量の絶対量を46%削減すること
    • 購入材料、輸送、投資、出張、従業員の通勤に関連するバリューチェーン要素に重点を置いた、間接業務からのGHG排出量の絶対値を2030年までに46%削減すること
    • 再生可能エネルギーの年間調達量を、2019年の0.6%から2030年までに100%に増やすこと
  • 2019年を基準とした長期目標のコミットメント
    • 2050年までに直接的な事業活動からのGHG排出量を90%削減すること
    • 購入品・サービス、資本財、上流輸送・流通、出張、通勤、投資に関連する間接業務からのGHG排出量を2050年までに90%削減すること

2021年10月、SBTiは世界初の「SBTi企業ネットゼロ基準」を開始しました。2022年1月には、この認証をすべての企業に開放し、イルミナはいち早くネットゼロ目標の検証を依頼しました。現在、イルミナは、科学的根拠に基づいた目標の認証を受けた世界初の企業グループの1社となっています。

「SBTiネットゼロ企業基準は、協調を生み出し、行動を促すものです。まだやるべきことはたくさんありますが、私たちは最も意欲的なレベルの気候変動対策に取り組んでおり、他の企業にも同じことをするよう強く推奨します。」とJohn Frankは述べています。

「科学に基づく組織として、私たちは削減目標が科学に基づくアプローチと整合し、検証されることを保証しなければなりません。SBTiによる当社のネットゼロ目標の検証は、環境スチュワードシップをイルミナの事業の根幹に組み込むために不可欠です。」と、イルミナのHead of Corporate Social ResponsibilityであるSharon Vidalは述べています。

イルミナのネットゼロの進捗と持続可能性の実績は、Corporate Social Responsibility Report(年次CSR報告書)で報告されています。

イルミナの気候行動計画には、持続可能性の革新と環境正義に特化したイニシアチブを支援するための2,000万ドルの慈善事業へのコミットメント、および直接事業における水使用強度と埋立廃棄物を削減する目標が含まれています。イルミナの環境維持への取り組みについては、こちらをご覧ください。

将来の見通しに関する記述
本プレスリリースには、リスクおよび不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれている場合があります。実際の業績に将来の見通しに関する記述と大きく異なる影響を与えうる重要な要因には、以下のようなものが含まれます。(1) 製造業務の拡大や変更、重要部品の第三者サプライヤーへの依存など、新製品やサービスの開発、製造、発売に特有の課題、 (2) 法律、規制、経済の動向、ならびに直近のフォーム 10-K および 10-Qを含む証券取引委員会への提出書類、または事前に公表されるカンファレンスコールにおいて開示される情報。イルミナは、これらの将来の見通しに関する記述を更新するとは限らず、そのような義務を負いません。また、アナリストの予測の見直しや確認、または当四半期の進捗状況に関する中間報告もしくは更新についても、そのような義務を負うものではありません。

イルミナについて 
イルミナは、ゲノムのパワーを解き明かすことにより、人々の健康を改善することを目指しています。革新的な取り組みに注力することにより、研究、臨床、および応用市場でお客様に製品を提供しながら、DNAシーケンスおよびアレイベースの技術におけるグローバルリーダーとしての地位を確立してきました。私どもの製品は、ライフサイエンス、腫瘍学(がんゲノム)、生殖医学や遺伝医学、農業およびその他の新たなセグメントでの応用に利用されています。イルミナ製品についての詳細はこちらから:jp.illumina.com、または Facebookをご覧ください。

Investors: 
Salli Schwartz 
858.291.6421 
IR@illumina.com 

Media: 
Adi Raval
US: 202.629.8172 
PR@illumina.com 

 

CisionView original content to download multimedia:https://www.prnewswire.com/news-releases/illumina-among-first-in-the-world-to-receive-approval-of-science-based-net-zero-target-301586425.html

SOURCE Illumina, Inc.

Recent Articles

Greenwood Genetic Center: Answering the Unanswered
Greenwood Genetic Center: Answering the Unanswered
Can Genomics Stop the World’s Leading Cause of Death?
Can Genomics Stop the World’s Leading Cause of Death?
Breeding a More Resilient Yam in West Africa
Breeding a More Resilient Yam in West Africa